トップページ > 活動のご案内 > 地域諸団体との連携 > 近畿農政局と近畿地区生協府県連協議会との意見交換会

近畿農政局と近畿地区生協府県連協議会との意見交換会

HP近畿農政局との意見交換会IMG_6690.JPG.jpg
 3月16日(火)、せいきょう館で、近畿農政局と近畿地区生協府県連協議会との意見交換会が開催されました。近畿農政局からは塚本和男局長はじめ、9人の方が、生協からは近畿6府県の生協連・日本生協連関西地連の役職員など24人が参加しました。
 
意見交換会が開かれるのは、ことしで12回目。塚本和男・近畿農政局長、近畿地区生協府県連協議会を代表して小林智子・京都府生協連会長理事があいさつをのべました。
 
 テーマと農政局からの報告者は以下のとおり。「食料・農業・農村基本計画」中山直子・企画調整室長、「戸別所得補償制度」藤澤友二・生産流通経営部部長、「組織・定員改正」関将弘・消費生活課長、「近畿食と農アクション宣言」高木圭介・企画調整室企画官。
京都府生協連・坂本茂連事務局長の司会のもとにすすめられ、食料自給、地産地消、食育、農水省改革など、多彩なテーマでの意見交換の場となりました。
  
※写真は、近畿農政局・塚本和男局長