京都府災害ボランティアセンター10周年記念シンポジウムのご案内

【日 時】2016年1月23日(土) 13:00~16:00

【会 場】京都府京都文化博物館別館ホール

【主催・問合せ】京都府災害ボランティアセンター 電話075-254-8815

詳しくはこちらから

2015年度京都府総合防災訓練のご案内

日時:10月18日(日)午前
会場:主会場 山城総合運動公園ほか

※京都府生協連はJAグループとともに緊急物資搬送訓練に参加。

京都府災害ボランティアセンター総会・全体研修会開催

871401.jpg京都府災害ボランティアセンターは、2004年に発生した台風23号による災害の教訓を活かし、被災地で円滑なボランティア活動をおこない、早期復旧につくすことを目的に2005年に行政、民間団体、社協との協働組織として発足、2014年には専任事務局職員を配置し、今年で10年目を迎えます。
 6月6日(土)、京都産業大学むすびわざ館で開催された総会では、「2014年度事業報告・監査報告と決算」「2015年度事業計画と予算」について審議し承認しました。代表、副代表、運営委員の改選をおこない、京都府生協連から酒向直之事務局長が副代表に選出されました。
 総会終了後には、加盟団体が「顔の見える関係」を築き、京都府災害ボランティアセンターの支援のあり方を考えることを目的に全体研修会が開催され、鳥取県西部地震展示交流センター・日野ボランティア・ネットワーク(ひのぼらねっと)事務局・山下弘彦氏を講師に、「全国の災害ボランティアセンターの協働・連携の現状について」の講演と、「広域災害時の支援のあり方について」のグループワークがありました。京都府災害ボランティアセンター加盟団体、市町村社会福祉協議会、行政関係者等45人の参加がありました。





「つながろうco-opアクション交流会」が開催されました

2015年1月16日(金)、神戸国際会議場で「つながろうco-opアクション交流会」(日本生協連・コープこうべ共催)が開催されました。テーマは「阪神・淡路大震災から20年 東日本大震災から4年~みんなでつくる、これからの地域とくらし~」。
交流会の第1部では、「阪神・淡路大震災から20年 ここから見える地域の未来」をテーマに、みやぎ生協・齋藤昭子顧問、神戸学院大学・藤井博志教授、コープこうべ・山口一史理事長の鼎談が行われました。
第2部は、「これからの東日本大震災支援を考える」「災害から見えてきた課題・高齢者への対応」などさまざまな切り口で、これからの復興支援、防災の取り組みなどについて5つの分科会、2つのワークショップが開催されました。
分科会④では、京都府生協連・酒向直之事務局長が「地域との共生、協働の取り組み パート2~災害時のネットワーク~京都府災害ボランティアセンターと生協のかかわり」と題して、報告しました。

150116_action2.JPG