トップページ > 活動のご案内 > 環境の取組 > COP21(国連気候変動枠組条約・第21回締約国会議)・パリ会議報告会 開催

COP21(国連気候変動枠組条約・第21回締約国会議)・パリ会議報告会 開催

160301_cop.jpg2016年3月1日(火)、コープ御所南ビル4階会議室で、開催されました。
京都府生協連の環境・エネルギー部会が主催しました。
2015年12月にパリで開かれていたCOP21で新たな温暖化対策の世界的枠組みを決める「パリ協定」が採択されました。1997年の京都議定書以来の新しい枠組みとなり、世界196ヵ国が温室効果ガスの削減に参加し、石油・石炭などの化石燃料に依存しない社会をめざすことになりました。
報告会では、パリ会議に参加された、認定特定非営利活動法人(認定NPO法人)気候ネットワーク・伊与田昌慶(いよだまさよし)研究員をお招きし、パリ協定採択の意味やパリ会議での日本の動き、これからの日本の課題について、報告いただきました。会員生協役職員など、29人が参加しました。