京都環境フェスティバル2015が開催されました

20151213_kankyou②.jpg
2015年12月12日(土)~13日(日)、パルスプラザ京都において「一人ひとりが主役!わが家・わが社のeco活実践」をテーマに,環境について楽しみながら学び考える「京都環境フェスティバル2015」(主催は京都府、京と地球(アース)の共生府民会議、京都府地球温暖化防止活動推進センター)が開催されました。環境NPO等の団体による「環境展示・体験型ブース」、「地産地消『京のエコ市』・エコグルメブース」など、楽しいイベントもおこなわれ、京都府生協連も会員生協と共に出展しました。
 展示内容は休耕田を有効活用し、飼料米で育てた鶏の卵「さくらこめたまご」の取組み(京都生協)、安全と環境を守る取組み(コープ自然派京都)、ネガワット(節電所)の紹介(京都府生協連環境・エネルギー部会)など。展示物からの簡単なクイズも出題されました。
 二日間あわせて1,000人以上の方がクイズに参加され、にぎわいました。
 みんなで選ぶベスト5~出展団体表彰式がおこなわれ、京都府生協連の出展ブースが入場者最多の訪問を獲得したことから最優秀賞を受賞いたしました。


151213_kankyou①.png

第2回環境・エネルギー部会

2015年11月18日(水)、第2回環境・エネルギー部会を開催しました。部会では学習や交流をベースに、環境や省エネの活動が広がることをめざしています。
 参加メンバーは、京都生協、生協生活クラブ京都エル・コープ、生協コープ自然派京都、大学生協京都事業連合、京都府生協連で構成。アドバイザーとして京都府地球温暖化防止活動推進センターの木原浩貴事務局長に協力をいただいています。
 欧州を視察された木原事務局長から「調査報告~欧州の低炭素型地域づくり~」と題して活動の紹介をいただきました。

第2回環境エネルギー部会・COP21学習会

2015年11月18日(水)、第2回環境・エネルギー部会を開催しました。
部会では学習や交流をベースに、環境や省エネの活動が広がることをめざしています。
参加メンバーは、京都生協、生協生活クラブ京都エル・コープ、生協コープ自然派京都、大学生協京都事業連合、コンシューマーズ京都で構成。
アドバイザーとして京都府地球温暖化防止活動推進センターの木原浩貴事務局長に協力をいただいています。
今回の学習は、欧州を視察された木原事務局長から「調査報告~欧州の低炭素型地域づくり~」と題して活動の紹介をいただきました。

京都環境フェスティバル2015のご案内

主催:京都府・京と地球の共生府民会議ほか
日時:12月12日(土)~13日(日)
会場:京都府総合見本市会館(京都パルスプラザ)

※京都府生協連は会員生協の環境商品、取組み紹介で出展予定。

京都市ごみ減量推進会議通常総会

 6月19日(金)御所西京都平安ホテルで開催されました。
 京都市ごみ減量推進会議は、ごみ減量に関する意識の高揚を図るとともに、地域でのごみ減量に関する自主的な取組みを促進することを目的に、市民・事業者・行政の三者が自発性とパートナーシップを基本として、1996年に発足しました。
 総会では、議案第1号として「普及啓発実行委員会」「ごみ減量事業化実行委員会」「地域活動実行委員会」「2R(発生抑制、再利用)型エコタウン構築事業実行委員会」の各委員長より2014年度活動の報告がありました。採決ではすべての議案が承認されました。
 活動報告では、地域におけるごみ減量の取り組みを促進するために実施をしている、ごみ減量推進講座の活動報告と、取り組み結果が優れていた団体や個人への表彰も行われました。「祇園祭ごみゼロ大作戦」では、使用済み容器の洗浄作業に大学生協京都事業連合が協力しています。
 参加団体は453会員、総代には255会員が出席しました。
 京都府生協連・高取淳専務理事が理事に選出されました。


京都地球温暖化防止府民会議総会

 150622.jpg6月22日(月)、京都府立大学において開催されました。2014年度事業報告、決算、2015年度事業計画、予算等、すべての議案が承認されました。今年度の方針では、引き続き「低炭素型のステキな京都」の実現をビジョンに掲げ、単にCO排出量を減らすだけでなく、そのことがより良い快適な生活につながることをめざします。  
 総会後の関連セミナーは、「気候変動問題 国際交渉は今」と題して、NPO法人気候ネットワーク・伊与田昌慶研究員より、世界的な異常気象と地球温暖化の関係や、これまでの気候変動交渉の経過をふまえて、今年開催されるパリ会議ではCOP3(1997年12月)で採択した「京都議定書」にかわって、2020年以降の気候変動・温暖化対策のあらたなルールがつくられる予定であり、日本もどれだけ温暖化防止に貢献できるかが大きく問われていると話されました。
京都府生協連は同会議に運営委員を派出しています。

京と地球の共生府民会議総会

 6月11日(木)、京都府庁文化スポーツ部・環境部会議室で開催されました。提案された「2014年度事業実績・収支決算」「2015年度事業計画・収支予算」「運営委員の委嘱」など、全議案が承認されました。
 「京都環境フェスティバル2015」のテーマが「一人ひとりが主役!わが家・わが社のeco活実践」に決定しました。
 京都府生協連からは川端浩子事務局担当が出席しました。
 京と地球の共生府民会議は、地球温暖化対策をはじめとする地球環境等の保全対策を府民運動として円滑かつ効果的に推進し、環境保全にかかわる中核的活動を担うことを目的に、49の団体が活動しています。

「長期エネルギー需給見通し(案)」に対する意見書を提出しました

経産省資源エネルギー庁の長期エネルギー需給見通し(案)にたいする意見書を提出いたしました。
意見書はこちらをクリックください⇒(パブコメ)長期エネルギーミクス.pdf