トップページ > 活動のご案内 > 食べるたいせつの取組 > きょうと食育ネットワーク総会

きょうと食育ネットワーク総会

  751403.jpg 751404.jpg

 
6月4日(土)、京都府庁旧本館で「きょうと食育ネットワーク通常総会」が開催され、2011年度事業計画をはじめ全議案を承認しました。
同ネットワーク代表の同志社大学・今里滋教授が開会あいさつ。京都府食の安心・安全推進課・伊藤利夫副課長が議案報告をおこないました。
  同ネットワークは食育にかんする普及・啓発、情報の収集・提供、食育支援活動の登録・提供などの取り組みをおこなっており、保健衛生、農水産、教育・大学、商工、消費者団体、報道関係など幅広い分野から86団体が会員登録しています。
総会終了後、食環境ジャーナリスト・食総合プロデューサーの金丸弘美氏が「子どもの健康と地域の元気をつくる食育」と題して講演しました。
総務省地域力創造アドバイザー、内閣官房地域活性化応援隊地域活性化伝道師としての活動についての報告がありました。
 
  ◇  ◇  ◇  ◇
 
きょうと食育ネットワーク総会とあわせて、同日、京都府庁旧本館・前庭・中庭で、昨年度にひきつづき、京都府内で栽培・生産された農産物や食品を販売する「京都こだわりマルシェ」が開催されました。
マルシェとはフランス語で「市」の意味で、商品の売り買いだけでなく、生産者・消費者・研究者・ご近所の方がたが楽しみながら、食について互いに知り、学び、考える機会にしたとの思いから、この名がつきました。
次回の開催は9月3日(土)が予定されています。