トップページ > 活動のご案内 > 食べるたいせつの取組 > 近畿地域食育実践者等の交流会

近畿地域食育実践者等の交流会


 2012年2月27日(月)、京都テルサ第1第2会議室において、農林水産省近畿農政局主催で「近畿地域食育実践者等の交流会」が開催されました。
 はじめに農林水産省近畿農政局・小栗邦夫局長から開会のあいさつがありました。未来につなぐ食育倶楽部会員等による取組みが紹介されました。「未来につなぐ食育プロジェクト」の取組事例発表では尼崎市立浦風小学・高木 章校長による「農業体験を通じた食育の取組み」、相愛大学人間発達学部発達栄養学科・多門隆子教授から「様々な分野と連携した食育実践者育成の取組み」、「社食・学食における食生活啓発の取組み」をテーマに和歌山工業高等専門学校学生課・小林和美寮務係長と、(株)魚国総本社京都支社・土井ゆみCS推進部リーダーからそれぞれ報告がありました。
 また、パネル展示や食育資材等の展示、食育相談コーナーなどがあり、多くの食育実践者が交流しました。京都府生協連からは右近裕子理事、坂本 茂専務理事・事務局長(兼務)、川端浩子事務局担当が参加しました。

120227_syokujissenkoryukai.jpg