トップページ > 活動のご案内 > 食べるたいせつの取組 > きょうの食まなび塾「生産現場をのぞいてみよう」

きょうの食まなび塾「生産現場をのぞいてみよう」


京都府食の安心・安全推進課・
川崎淳司課長があいさつ

京都府茶業研究所・吉田一夫所長

帝塚山学院大学・南出隆久教授
 安全性やおいしさにこだわって作っている京都産の農産物や加工食品について、生産や流通に携わる事業者みずからがその取組みを直接消費者に伝え、安心して消費してもらいたいとの趣旨で企画。主催は京都府農林水産部食の安心・安全推進課で、ハートピア京都を会場に連続開催されました。
 第1回[1月14日(土)]のテーマは京野菜。京都府農業会議・田中大三審議役が「京野菜と歴史と特色」と題して講演。京野菜生産者・石割照久氏が生産現場の映像を交えて紹介しました。NPO法人京の農産物あんしんネットワーク・山口珠里検査員が京野菜の流通現場での検査の紹介をしました。
 第2回[1月21日(土)]は米がテーマ。京都府農業研究所・河瀬弘一所長が「丹後こしひかりの栽培」について講演。生産現場から野木武氏が報告、(株)京山・北尾政博生産部部長が「精米工場での生産工程紹介」について報告しました。
 第3回[2月11日(土)]は宇治茶がテーマ。京都府茶業研究所・吉田一夫所長が「宇治茶の歴史と宇治茶ができるまで」を講演、生産現場から古川嘉嗣氏が報告。京都府茶業連合青年団・大谷宜司副団長が「宇治茶の製造工程」を紹介しました。
 第4回[2月25日(土)]のテーマは卵。京都府農林水産部畜産課・島田達生主査が「きょうと方式の鶏卵トレーサビリティシステム」を説明、(財)日本冷凍食品検査協会関西事業所・宮本宗勇検査課担当課長が「卵の衛生管理」、山元産業㈱・山元勉代表取締役が「安全・安心なたまご」について報告しました。
 第5回[3月10日(土)]は加工食品がテーマ。帝塚山学院大学・南出隆久教授が「食べ物と健康~食品の安全性と機能性」について講演されました。(株)山一パン総本店・植田哲夫参事と㈱川勝總本家・川勝康行代表取締役社長が、「信頼確保に向けた衛生管理」について報告しました。
 5回すべて出席された方には修了証が授与されました。