トップページ > 活動のご案内 > 食べるたいせつの取組 > きょうと食育ネットワーク通常総会

きょうと食育ネットワーク通常総会


きょうと食育ネットワーク・今里滋代表
 6月10日(日)、京都府庁旧本館で開催されました。代表の同志社大学・今里滋教授が開会のあいさつ。京都府食の安心・安全推進課・伊藤利夫副課長から議案の提案がありました。第1号議案「2011年度事業報告」、第2号議案「役員の選任について」、第3号議案「2012年度事業計画」はすべて承認されました。
 同ネットワークは、食育にかんする普及・啓発、情報の収集・提供、食育支援活動の登録・提供などの取組みをおこなっており、保健衛生、農林水産、教育・大学、商工、消費者団体、報道関係など幅広い分野から88団体(6月10日現在)が会員登録しています。
 総会終了後、日本食文化をユネスコの世界無形文化遺産に登録する運動に取り組んでいる、NPO法人日本料理アカデミー・栗栖正博副理事長((株)たん熊北店代表取締役)が「あすに伝えたい 京料理と食育」と題して講演しました。
 京都府生協連からは、小林智子会長理事(当時)はじめ、事務局職員が参加。坂本茂専務補佐・事務局長(兼務)が同ネットワーク幹事をつとめています。