トップページ > 活動のご案内 > 食べるたいせつの取組 > 第5回ニッポン豆腐屋サミットin京都、第1回日本一旨い豆腐を決める品評会、開催

第5回ニッポン豆腐屋サミットin京都、第1回日本一旨い豆腐を決める品評会、開催

 6月20日(土)、リーガロイヤルホテル京都で開催されました。主催は京都府豆腐油揚商工組合。次世代の豆腐業界を担う、若手の発掘及び育成を目的にして毎年各地持ち回りで行われています。5回目の今年は、豆腐のブランド化に成功している京都での開催となりました。あわせて第1回日本一旨い豆腐を決める品評会も開催され、京都府生協連・右近裕子生協活動推進専門委員が審査員として出席しました。
 200種類以上の豆腐(木綿・絹・充填合わせて)を試食し、それぞれについて外観・香り・甘さ・コク・食感の5項目×5段階(25点満点)で評価。地元選出議員や京大教授など20人が審査にあたりました。
 主催の京都府豆腐油揚商工組合は、京都府生協連が理事を派出している、(一社)食品産業協会の会員です。