トップページ > 活動のご案内 > 男女共同参画の取組

京都府生協連男女共同参画第2次中期計画

京都府生協連では、昨年10月理事会で「男女共同参画第2次中期計画」(07~09年度)を策定しました。
この第2次中計は、第1次中計(02~04年度)の到達点を踏まえ、事業者としての視点からの「男女共同参画」課題の推進をポイントに、会員生協の課題、府連の会員生協支援の課題および府連独自の課題を整理したものです。
男女共同参画委員会(委員長:高田艶子理事)では、第2次中計に基づき、行動計画を作成しました。
07年度には、計画にある学習会を、内閣府から講師を招いて「ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)」をテーマに2月に開催しました。(トピックスで紹介)
08年度は、会員生協のヒアリング調査およびフィードバックを中心にすえて、模索しながら取り組みをすすめています。

☆日本生協連の男女共同参画の取り組みについてはここをクリック
★京都府男女共同参画条例ここをクリック
★京都市男女共同参画条例ここをクリック
 ◇「きょうと男女共同参画推進宣言」事業者登録制度ここをクリック

添付資料はこちら

「男女共同参画」をテーマに理事会公開学習会

 07年秋、京都府生協連では男女共同参画第2次中計を決定しました。「男女共同参画」への理解を深め、共通認識をもてるようにするためには学習が必要として、2月5日、せいきょう会館にて「いまなぜワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)が必要か」をテーマに開催したもの。講師には、内閣府男女共同参画局のチャレンジ支援専門官として活躍されている小泉曜子さんをお迎えしました。会員生協の役職員も入れて20名が参加しました。
講師の小泉曜子専門官

JA女性協と生協役職員の懇談会を開催

 10回目の節目となった今回は、「食育・食農教育」を共通のテーマに設定し、共に学び、交流する場として2月12日、JA会館で開催。双方あわせて28人が参加しました。開会あいさつは京都府生協連の小林智子会長理事が、閉会あいさつはJA女性協の豊田勝代会長がされました。司会は京都府生協連の高田艶子理事(男女共同参画委員会委員長)がつとめました。「食育と京のおばんざい弁当!」と題してラ・キャリエール校長の仲田 雅博先生の講演、昼食には京のおばんざい弁当、交流企画では「食育・食農教育」の多彩な取り組み報告があり、中身の濃い充実した懇談会となりました。
開会あいさつをする小林智子会長理事
講師の仲田雅博先生