平和の取組

120911_title_03.gif

2018年度平和活動企画援助金について

2018年度平和活動企画援助金申請書と精算報告書は下記からダウンロードできます!

 2018平和活動企画援助金申請書、精算報告書.doc

ピースパレード(2018年度ピースアクション京都)のご案内

【日 時】 2018年6月21日(木)

【会 場】 祇園石段下から京都市役所まで

◆ピースパレード

2018年6月21日(木) 14:30 出発集会 円山公園ラジオ塔前

八坂神社(祇園)石段下出発(15時過ぎ)→四条通→四条河原町→河原町通→京都市役所着(16時過ぎ)・まとめ集会

◆ピース交歓会

2018年6月21日(木) 17:30~ 会場 レストランおおたや 2階(京都市中京区夷川通烏丸東入)

 詳細はこちら(チラシ表)  詳細はこちら(チラシ裏)

◆京都の平和行進日程・コース(予定) ※コース・時間等の詳細は、各地域実行委員会で決定されます。

6/21(木)  14:30出発 円山公園ラジオ塔前  15:00ころ 出発→ 八坂神社(祇園)石段下(15:15ころ)→四条通→四条河原町→河原町通→京都市役所着(16:10ころ)・まとめ集会 

6/22(金)  行進なし(京都府・京都市への要請)

6/23(土)  10:20向日市役所出発集会/10:35出発→11:35長岡京市役所(昼食休憩) →12:35長岡京市役所出発集会/12:50出発→14:10大山崎町役場→(移動) →14:45八幡市(コープ男山)出発→さくら公園(休憩)→16:10八幡市役所

6/24(日)  府南部の網の目行進(南山城村~笠置町~和束町~宇治田原町~井手町) 

6/25(月)  9:20宇治市役所出発集会/9:50出発→11:40城陽市役所(昼食休憩)→ 12:45城陽市役所出発集会/13:05出発→14:30綴喜郡に引継(山城大橋西詰休憩) →16:00京田辺市役所  

☆久御山町コース9:50双栗(すぐり)神社集合/10:00出発→10:45大久保で合流    

6/26(火)   8:45精華町役場出発集会/9:05出発→10:45木津川市役所前公園集発集会 11:00出発→11:50市坂→12:30奈良県との引継ぎ(般若寺)

 2018平和活動企画援助金交付申請書、精算報告書はこちら

「ヒバクシャ国際署名を大きくひろげる京都の会」街頭宣伝署名

180113_syomei.jpg2018年1月13日(土)、八坂神社石段下で街頭宣伝署名をしました。24人が参加し、99筆が集まりました。

学習講演会「核兵器で平和は守れるか?」開催

2月10日(土)、ノーベル平和賞を受賞したICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)の国際運営委員である川崎哲(あきら)氏をお招きし、コープ・イン・京都で開催し、160人が参加しました。

主催は、ヒバクシャ国際署名を大きくひろげる京都の会(ヒバクシャ署名京都の会)。

司会を京都生協・日比明子理事がおこない、京都原水爆被災者懇談会・花垣ルミ世話人代表が開会あいさつ。

川崎哲氏は「核兵器で平和は守れるか?―核兵器禁止条約は世界を変える―」をテーマに講演され、ノーベル平和賞受賞の話や、核兵器禁止条約の成り立ちや内容、禁止条約をめぐる各国の動き、今後の課題などを話されました。

京都「被爆2世・3世の会」・平信行世話人代表から閉会のあいさつがありました。

180210_ican.jpg

「ヒバクシャ国際署名を大きくひろげる京都の会」街頭宣伝行動、学習講演会開催

ヒバクシャ署名京都の会」では、7月29日、9月20日、26日に街頭宣伝行動。

170729_syomei.jpg

170729_2.jpg

9月9日(土)には、日本被団協・藤森俊希事務局次長による学習講演会「核兵器禁止条約を力にヒバクシャ国際署名を大きくひろげる講演会」を京都府中小企業会館で開催し、40人が参加しました。

170909_fujimori.jpg

ヒバクシャ国際署名へのご協力のお願い

京都府生協連では、ヒロシマ・ナガサキの被爆者が訴える核兵器廃絶国際署名「ヒバクシャ国際署名」に取り組んでおります。

被爆者は、すみやかな核兵器廃絶を願い、核兵器を禁止し廃絶する条約を結ぶことを、すべての国に求めています。

多くの方にご協力いただきますようお願いいたします。

署名用紙はこちら

ヒバクシャ国際署名を大きくひろげる京都の会学習会

日 時:2018年2月10日(土)14:00~16:00

会 場:コープ・イン・京都

テーマ:「核兵器で平和は守れるか?」

    ノーベル平和賞受賞 ICAN川崎哲さんが語る

資料代:500円(学生300円)

主催:ヒバクシャ国際署名を大きく広げる京都の会(ヒバクシャ署名京都の会)/京都原水爆被災者懇談会/京都府生協連

詳細はこちら

「ヒバクシャ国際署名を大きくひろげる京都の会」設立総会開催

2017年7月15日(土)、コープ御所南ビル4階会議室において、「ヒロシマ・ナガサキの被爆者が訴える核兵器廃絶国際署名(ヒバクシャ国際署名)を大きくひろげる京都の会(ヒバクシャ署名京都の会)」設立総会を開催しました。

呼びかけ人は、花垣ルミさん(京都原水爆被災者懇談会世話人代表)、平 信行さん(京都「被爆2世・3世の会」世話人代表)、渡邉賢治代表理事(原水爆禁止京都協議会)、上掛利博会長理事(京都生活協同組合連合会)の4人。

賛同する参加団体関係者約50人が参加しました。

はじめに、開会あいさつを京都原水爆被災者懇談会代表世話人の花垣ルミさんが、呼びかけ人を代表しておこないました。「核兵器禁止条約の成立と被爆者としての想い」をテーマに、日本原水爆被害者団体協議会・木戸季市(すえいち)事務局長が記念講演。つぎに京都府生活協同組合連合会・酒向直之事務局長から、これまでの経過報告や申し合わせ事項、共同世話人の選出、目標などについて提案がありました。参加団体から自己紹介があり、閉会あいさつと行動提起を京都「被爆2世・3世の会」世話人代表・平信行さんがおこないました。

170715_seturitusoukai1.jpg

核兵器禁止条約を力に「ヒバクシャ国際署名」をひろげる講演会 開催

2017年9月9日(土)、京都府中小企業会館会議室で開催され、40人が参加しました。

主催は「ヒバクシャ国際署名」を大きくひろげる京都の会(京都原水爆被災者懇談会、京都「被爆2世・3世の会」、原水爆禁止京都協議会、京都府生活協同組合連合会)。

京都原水爆被災者懇談会世話人代表の花垣ルミさんが開会のあいさつをのべ、日本原水爆被害者団体協議会・藤森俊希事務局次長が「『核兵器禁止条約とヒバクシャ国際署名』―核兵器禁止条約国連会議に参加して―」と題して講演をされました。

京都府生協連・酒向直之事務局長が閉会あいさつをおこないました。

当日の司会進行は京都生協組合員の有地淑羽さんがつとめました。

170909_kouenkai.jpg

生協の歴史から戦争と平和を学ぶ学習会 開催

核兵器禁止条約実現へ「ヒバクシャ国際署名」をひろげよう!

「生協の歴史から戦争と平和を学ぶ」学習会を開催

2017年7月5日(水)、コープ御所南ビル4階会議室で開催しました。

主催は京都府生協連。共催は京都生協テーマ・コミュニティ憲法カフェ、京都高齢者生協くらしコープ環境平和委員会。

生協は平和を大切にし、核兵器廃絶や戦争反対の取組みをしています。戦争と平和について関心が高まっている今、あらためて生協はなぜ戦争に反対し、平和の活動に取り組むのか?生協の歴史を学ぶことで理解を深めることを目的に開催しました。

開会のあいさつを京都府生協連・上掛利博会長理事がおこない、講師には、齋藤嘉璋氏(1989年~99年日本生協連常務理事)をお招きし、講演をいただきました。次に国連の核兵器禁止条約・第2会期に傍聴参加された、京都被爆2世・3世の会・米重節男氏から、第2会期の様子について報告をいただきました。

京都高齢者生協くらしコープ・水口武夫理事長が閉会のあいさつをしました。

34人の参加がありました。

170705_gakusyuukai.jpg

2017年度平和活動企画援助金について

2017年度平和活動企画援助金申請書と精算報告書は下記からダウンロードできます!

 2017年度平和活動援助金申請書と精算報告書はこちら.doc

「生協の歴史から戦争と平和を学ぶ」学習会のご案内

【日 時】 2017年7月5日(水) 午後1時30分から4時(予定)

【場 所】 コープ御所南ビル4階 会議室

【講 演】 齋藤 嘉璋(さいとう・よしあき)さん

       ―生協の歴史から戦争と平和を学ぶ(仮称)―

【参加無料】

【お申込み、お問い合わせ】 京都府生活協同組合連合会まで

                                      詳細はこちらまで

2017年度ピースアクション京都

◆ピースパレード

2017年6月21日(水) 14:30 出発式 円山公園ラジオ塔前

八坂神社(祇園)石段下出発(15時過ぎ)→四条通→四条河原町→河原町通→京都市役所着(16時過ぎ)・まとめ集会


◆ピース交歓会

2017年6月21日(水) 17:30~ 会場 レストランおおたや 2階(京都市中京区夷川通烏丸東入)

詳細はこちら


◆京都の平和行進日程・コース(予定) ※コース・時間等の詳細は、各地域実行委員会で決定されます。


6/21(水)  14:30出発式 円山公園ラジオ塔前  15:00ころ 出発→ 八坂神社(祇園)石段下(15:15ころ)→四条通→四条河原町→河原町通→京都市役所着(16:10ころ)・まとめ集会 


6/22(木)  行進なし(京都府・京都市への要請)


6/23(金)  10:20向日市役所出発集会/10:35出発→11:35長岡京市役所(昼食休憩) →12:35長岡京市役所出発集会/12:50出発→14:10大山崎町役場→(移動) →14:45八幡市(コープ男山)出発→さくら公園(休憩)→16:10八幡市役所


6/24(土)  9:20宇治市役所出発集会/9:50出発→11:40城陽市役所(昼食休憩)→ 12:45城陽市役所出発集会/13:05出発→14:30綴喜郡に引継(山城大橋西詰休憩) →16:00京田辺市役所 

6/25(日)  府南部の網の目行進(南山城村~笠置町~和束町~宇治田原町~井手町)

6/26(月)   8:45精華町役場出発集会/9:05出発→10:45木津川市役所前公園集発集会 11:00出発→11:50市坂→12:30奈良県との引継ぎ(般若寺)

 平和活動企画援助金交付申請書、精算報告書はこちら

「ヒバクシャ国際署名」学習会を開催しました

2017年4月15日(土)、京都社会福祉会館で、核兵器禁止条約実現へ「ヒバクシャ国際署名」をひろげよう!「核兵器禁止・廃絶をとことん学習する会」が開催され、110人が参加しました。

主催は、京都原水爆被災者懇談会、京都「被爆2世・3世の会」、原水爆禁止京都協議会、京都府生活協同組合連合会。

 京都原水爆被災者懇談会世話人代表の花垣ルミさんが開会のあいさつをのべ、原水爆禁止世界大会起草委員長などをつとめる、関西学院大学・冨田宏治教授が「核兵器禁止条約実現への画期的な動きとヒバクシャ国際署名」と題して講演しました。主催の4団体から、京都「被爆2世・3世の会」世話人代表平信行さんが、署名運動を京都で成功させるための「ヒバクシャ国際署名を大きくひろげる京都の会(仮称)」の設立を提案し、多くの参加を呼びかけました。

170415_hibakusyasyomei.jpg

2016年度ピースアクション京都

6月21日(火)、「2016年ピースパレード京都」が取り組まれました。「平和と核廃絶の願いをもちより、広島・長崎での世界大会につなげよう」との趣旨ではじまった京都の生協のピースパレードは、今年で33回目をむかえました。

160621_piece1.jpg

京都府生協連のよびかけで、京都生協・大学生協・京都高齢者生協くらしコープなどのほか、鳥取県の生協からの参加もあり、組合員・役職員150人が「世界中に伝えたい まあるい地球 みんな友だち みんな好き!」をテーマに、街ゆく人びとに力づよく訴えました。 多くの観光客の中を祇園石段下から四条通り、河原町通りをすすんで、京都市役所へ。歌をうたいながらの行進となりました。それぞれが趣向をこらしたカラフルなコスチュームで参加し、「We love peace. Love & Peace」と大きな声でアピール。沿道の海外の観光客からピースサインを返してもらい、楽しみながら平和をアピールする、華やかでにぎやかな催しとなりました。

160621_piece.jpg

20160621piece2.jpg

20160621piece3.jpg

2016年度ピースアクション京都

◆ピースパレード
2016年6月21日(火) 14:00 出発式 円山公園ラジオ塔前
八坂神社(祇園)石段下出発(15時過ぎ)→四条通→四条河原町→河原町通→御池通→京都市役所着(16時過ぎ)・まとめ集会

◆ピース交歓会
2016年6月21日(火) 17:30~
会場 中京区烏丸夷川 せいきょう会館東隣 (おおたや 2階)

詳細はこちら.pdf

◆京都の平和行進日程・コース(予定)
※コース・時間等の詳細は、各地域実行委員会で決定されます。

6/21(火)  14:10出発式 円山公園ラジオ塔前  15:00ころ 出発→
        八坂神社(祇園)石段下(15:15ころ)→四条通→四条河原町→河原町通
        →御池通→京都市役所着(16:10ころ)・まとめ集会 

6/22(水)  10:20向日市役所出発集会/10:35出発→11:35長岡京市役所(昼食休憩)
        →12:35長岡京市役所出発集会/12:50出発→14:10大山崎町役場→(移動)
        →14:45八幡市(コープ男山)出発→さくら公園(休憩)→16:10八幡市役所→

6/23(木)  行進なし(京都府・京都市への要請)

6/24(金)  9:20宇治市役所出発集会/9:50出発→11:40城陽市役所(昼食休憩)→
       12:45城陽市役所出発集会/13:05出発→14:30綴喜郡に引継(山城大橋西詰休憩)
        →16:00京田辺市役所 

6/25(土)  府南部の網の目行進(南山城村~笠置町~和束町~宇治田原町~井手町)

6/26(日)   8:45精華町役場出発集会/9:05出発→10:45木津川市役所前公園集発集会
        11:00出発→11:50市坂→12:30奈良県との引継ぎ(般若寺)

平和活動企画援助金交付申請書、平和活動企画援助金精算報告書はこちらから


核不拡散条約(NPT)再検討会議に京都生協の代表が参加

 5年に一度開催される核不拡散条約(NPT)再検討会議が、2015年4月27日から始まり、日本被団協と日本生協連合同代表の一員として、京都生協から、組合員代表として岡良枝さんと日比明子理事のお二人が参加されました。帰国後、報告をいただきました。
 
 被爆体験を自分事に
 京都生協の組合員代表でNYに行きました。
 NYでは被爆者の方がたと一緒に平和行進を歩き、国連内では各国( 私達のグループはフランス )の政府代表に核兵器廃絶を要請するロビー活動や原爆展のお手伝いをしました。
 また、被爆者の方がたがNYの学校や教会で被爆証言を話される活動のサポートをしました。それぞれの会場で、アメリカの学生も日系の人も被爆者が語られる被爆体験に熱心に聞き入っておられました。
  帰国してから思い返すと、私の心に一番残っているのは、被爆者の方から直接に被爆証言を聞いたことです。今までにも本やDVDで被爆体験を見聞きしたことはあったのですが、どうしても他人事であったように思います。8日間一緒に活動して親しくなった被爆者の方のお話は、繰り返し聞いても涙が溢れてきました。被爆者の平均年齢が80歳を超えた今、日本国内でも被爆体験を聞いて語り継ぐような活動に参加したいと思いました。
(岡良枝さん)
 
 
 普通でいられる事が平和…。
被爆証言をする被爆者の心の中は平和なのかな…。傍でそんな事を感じた。辛さを乗り越えてなんかいない。でも二度と繰り返されてはならないという思いで、必死に語っていた。証言の後にホッとしてもらえる雰囲気を感じてもらえるようにする事くらいしかできなかった。これもサポートなのかな?国連で話されている事が、実は普段のくらしに直結していると感じた今回のNPT。私の役目は、核兵器廃絶の願いを自分事として心に留める人を広げ、未来に継承していく事。対話・共有を大切にアクションにつなげたい。
(日比明子理事)

150427_3.jpg
150427_1.jpg
 

 

ピースアクション京都

京都府生協連のよびかけで 生協組合員・役職員約150人がピースパレードに参加 

6月21日(日)、「2015年ピースパレード京都」が取り組まれました。「平和と核廃絶の願いをもちより、広島・長崎での世界大会につなげよう」との趣旨ではじまった京都の生協のピースパレードは、今年で32回目をむかえました。


京都府生協連・上掛利博会長理事、乙訓医療生協・小野留美子専務理事、
生協コープ自然派京都・坂本真有美理事長、京都生協・畑忠男理事長が先頭をきって行進

 京都府生協連のよびかけで、京都生協・生協コープ自然派京都・大学生協・京都府庁生協・京都医療生協・乙訓医療生協などのほか、鳥取県の生協からの参加もあり、組合員・役職員約150人が「世界中に伝えたい まあるい地球 みんな友だち みんな好き!」をテーマに、街ゆく人びとに力づよく訴えました。

  日曜日開催となった今回のパレードは、多くの観光客の中を祇園石段下から四条通り、河原町通りをすすんで、京都市役所へ。歌をうたいながらの行進となりました。

  それぞれが趣向をこらしたカラフルなコスチュームで参加し、「We love peace.Love & Peace」と大きな声でアピール。さまざまな国の言語で平和を訴えるプラカードを掲げて行進すると、沿道の海外の観光客からピースサインを返してもらうなど、楽しみながら平和をアピールする、華やかでにぎやかな催しとなりました。

  パレードの出発を前に、円山公園内で出発集会が開かれました。京都生協・中田和子さんが司会を担当、京都生協・田中與念子ピースパレード実行委員長があいさつをおこないました。

  鳥取県の生協からの参加者をはじめ、各団体によるピースアピールがあり、それぞれの熱い思いが語られました。

  ゴールとなった京都市役所前では、まとめ集会がおこなわれ、京都府生協連・上掛利博会長理事が生協を代表してあいさつをおこないました。



鳥取県の生協のみなさん

京都の大学生協のみなさん

「世界中に伝えたい まあるい地球 みんな友だち みんな好き!」

京都府生協連・上掛利博会長理事

京都生協役員のみなさん

〈2015年原水爆禁止国民平和大行進実行委員会へのメッセージ〉 ※抜粋

 4月27日から開かれた2015年核不拡散条約(NPT)再検討会議には、代表が参加し、日本からの1000人を超える代表団とともに「核兵器のない世界」を求める市民の声を反映させる重要な役割を果たしました。核兵器禁止・廃絶を求める声は国連加盟国の8割となり、多数の国が法的な枠組みづくり、核兵器禁止条約に触れるなど、核兵器廃絶の流れの新たな発展が示されたことは重要です。
また、国連の潘基文事務総長の被爆地広島・長崎訪問、国連本部や首都ワシントンで原爆展が開催されるなど、核兵器の実相を伝え、広める取組みは一歩一歩ではありますが着実に前進していることに確信を持つ必要があります。

 国内では、日本の国のあり方の土台をこわそうとする動きがつよまっています。安倍内閣は、5月14日、集団的自衛権行使を可能にするために、自衛隊法など現行関連法10法を一括して見直す「平和安全法制整備法」と新設の「国際平和支援法」の2法案を閣議決定し、同法案は国会に提出され審議されています。これらの法案は、戦後日本が築き上げてきた「平和主義」の理念を否定するものであり、法案に強く反対し、撤回を求めていきましょう。

 今年は、被爆70年の節目の年です。私たちや子どもたちの平和な未来に核兵器は必要ありません。被爆者の「核戦争起こすな、核兵器をなくせ」「ふたたび被爆者をつくらない」「ヒロシマ・ナガサキを世界のどこにもくりかえさせるな」という切実な願いにしっかりと向き合い、核兵器廃絶の転機となる年にしていきましょう。平和行進の取組みが、そのための力強い一歩となることをあらためて確認しようではありませんか。

2015年6月21日
京都府生活協同組合連合会
会長理事  上掛 利博



ピース交歓会を開催

 同日、せいきょう会館東隣のおおたやで、「ピース交歓会」を開催しました。

 この交歓会は、東京から広島までの「通し行進者」や、京都府内の「通し行進者」を迎えて、京都入りの歓迎と激励を兼ねて、毎年おこなわれています。

 京都生協・田中與念子ピースパレード実行委員長より歓迎のあいさつがあり、大学生協京滋・奈良ブロック・芝田考一さんから乾杯のあいさつがありました。暑い中をパレードした健闘をたたえ合いました。通し行進者の自己紹介や鳥取県の生協からの参加者の紹介、京都生協組合員による激励など盛りだくさんの内容でした。京都生協の有志による生演奏に乗り、みんなで腕を組んで大きな声で「青い空は」や「We Shall overcome」などを合唱。京都府生協連・横山治生前専務理事のギター演奏もあり、にぎやかな会となりました。

 原水爆禁止京都協議会・小杉功事務局長が閉会のあいさつをしました。


通し行進者が自己紹介

腕を組んで、合唱!!

2015年度ピースアクション京都

◆ピースパレード
2015年6月21日(日) 14:00 出発式 円山公園ラジオ塔前
八坂神社(祇園)石段下出発(15時過ぎ)→四条通→四条河原町→河原町通→御池通→京都市役所着(16時過ぎ)・まとめ集会

                                                                                                                    詳細はこちら.pdf
◆ピース交歓会
2015年6月21日(日) 17:30~
会場 中京区烏丸夷川 せいきょう会館東隣 (おおたや 2階)

◆地域での平和行進日程・コース(案)  ※日程・時間は予定。2015年5月15日現在。
 
 6/21(日)   14:10 出発式 円山公園ラジオ塔前  15:00ころ 出発→
八坂神社(祇園)石段下(15:15ころ)→四条通→四条河原町→河原町通
→御池通→京都市役所着(16:10ころ)・まとめ集会 
 
6/22(月)  行進なし(京都府・京都市への要請)
 
6/23(火)  10:30向日市役所出発集会/10:45出発→11:45長岡京市役所(昼食休憩)
→12:35長岡京市役所出発集会/12:45出発→14:00大山崎町役場→
→14:30コープ男山/14:45出発→15:05男山病院交差点→
15:15さくら公園ミニ集会(小休憩)15:35出発→
16:15八幡市役所(まとめ集会)
 
6/24(水)   9:20宇治市役所出発集会/9:50出発→11:30城陽市役所(昼食休憩)→
12:40城陽市役所出発集会/13:00出発→14:50綴喜郡に引継(山城大橋西詰
休憩)→16:00京田辺市役所
☆久御山町コース
 
6/25(木)  府南部の網の目行進(南山城村~笠置町~和束町~宇治田原町~井手町)
 
6/26(金)   8:45精華町役場出発集会/9:10出発→10:40木津川市役所前公園集発集会
11:00出発→11:50市坂(小休憩)→12:30奈良県との引継ぎ(般若寺)


平和活動企画援助金交付申請書・平和活動企画援助金精算報告書はこちらから

第1回憲法連続学習会・憲法カフェ開催

141119_kenpou.jpg2014年11月19日(水)、せいきょう会館で開催しました。
日本の生協は「平和とよりよい生活」を理念に掲げて誕生しました。今、憲法問題について学び、生活協同組合として、何ができるのか考えあう機会になる事を願って企画しました。
 京都生協・鳥井礼子理事が司会を担当し、京都学園大学法学部・木藤伸一朗教授[京都憲法会議(※)事務局長]から、「憲法とはなにか」をテーマに講演をいただきました。
「憲法と法律は違うのか」「憲法はわたしたちのくらしにどのように影響しているのか」「憲法が変わるとくらしも変わるのか」など憲法の基本について学びました。
26人の参加がありました。




 
◆京都憲法会議とは、
1965年1月、大西良慶、末川博、住谷悦治、田畑忍、広津和郎の各氏などによって、憲法の改悪を阻止する、大国民運動の「よびかけ」がなされました。このよびかけに応え、同年3月に京都憲法会議が結成されました。憲法の平和、民主主義の原則を守り、完全実施させるとともに国民生活の向上と世界平和に寄与することを目的とし活動しています。
 
■第2回は2014年12月2日(火)10:00~12:00、せいきょう会館4階第1会議室で、京都南法律事務所・岩佐英夫弁護士(京都憲法会議代表幹事)を講師に迎え、日本国憲法をめぐっていま何が問題になっているのかを学びます。

ちらしはこちらから

憲法連続学習会・憲法カフェ!!開催のご案内

憲法は、平和、福祉、教育、労働、税制など私たちのくらしに強いかかわりをもつ法です。
日本の歴代政権は、「集団的自衛権は憲法9条の規定した範囲を超えており、憲法上許されない」という見解を示してきましたが、7月1日、政府は、集団的自衛権の行使を容認する閣議決定を行ないました。
集団的自衛権の行使を容認することは、わたしたちのくらしと平和にとって、きわめて重要な問題です。
日本の生協は「平和とよりよい生活」を理念に掲げて誕生しました。今、憲法問題について学び、生活協同組合として、何ができるのか考えあうことは大切なことであると考え、憲法連続学習会・憲法カフェ!!を開催します。
多くの組合員の皆さんの参加をお待ちしています。

日  時:<第1回>2014年11月19日(水)10:00~12:00
           <第2回>2014年12月  2日(火)10:00~12:00

会 場:第1回第2回とも  せいきょう会館4F第1会議室

講 師:<第1回>木藤 伸一朗先生(京都学園大学法学部教授)
      <第2回>岩佐 英夫先生(京都南法律事務所弁護士)


主 催:京都府生活協同組合連合会

チラシはこちらから

ピースパレード2014 開催

 
20140621_peace parade.jpg2014年6月21日、京都の生協組合員と役職員約150名が集い、ピースパレードと出発集会に取り組みました。
 京都府生協連の呼びかけで京都生協、大学生協、府庁生協、生協コープ自然派京都、コンシューマーズ京都のほか、鳥取県の生協からの参加もありました。
 行進前の円山公園では京都生協のピースパレード実行委員会の運営で「世界中に伝えたい まあるい地球 みんな友だち みんな好き」をテーマに集会が行われ、地域ブロックごとに手作りのコスチュームで着飾ったメンバーが楽しく平和をアピールしました。
パレードは祇園石段下から四条通り、河原町通りをすすんで京都市役所へ、歌を歌いながら元気よく行進し、市民に核兵器廃絶と平和をアピール。土曜日ということもあって観光客でにぎわう繁華街では、海外からの観光客からも
激励を受けました。
 終点の京都市役所では京都府生協連・上掛利博会長理事がまとめの挨拶を行いました。

 この日の夜に、東京から広島までの「通し行進者」をむかえて「ピース交歓会」を行い、京都入りの歓迎と激励を兼ねた交流を行いました。

2014年度ピースアクション京都

◆ピースパレード
2014年6月21日(土) 14:00 出発式 円山公園ラジオ塔前
八坂神社(祇園)石段下出発(15時過ぎ)→四条通→四条河原町→河原町通→御池通→京都市役所着(16時過ぎ)・まとめ集会

                                                                                                                    詳細はこちら

◆ピース交歓会
2014年6月21日(土) 17:00~
会場 おおたや 2階 (中京区烏丸夷川 せいきょう会館東隣)


 ◆地域での平和行進日程・コース(案)  ※日程・時間は予定。2014年4月15日現在。
 
6/22(日) 10:40向日市役所出発集会/11:00出発→12:00長岡京市役所(昼食休憩)
→12:50長岡京市役所出発集会/13:10出発→14:00大山崎町役場→(車移動)
15:00コープ男山出発集会/15:15出発→16:30八幡市役所(まとめ集会)
 
6/23(月) 行進なし  京都府・京都市への要請・懇談
 
 6/24(火) 9:20宇治市役所出発集会/9:50出発→11:30城陽市役所(昼食休憩)→
12:40城陽市役所出発集会/13:05出発→15:00京田辺市(中部住民センターで休憩)→
16:00京田辺市役所
☆久御山町コース 9:50京銀前集合/10:00出発→10:40大久保で合流
 
※6/25(水) 南山城村、笠置町、和束町、宇治田原町、井出町の各町村内で行進
 
6/26(木) 8:45精華町役場出発集会/9:10出発→10:40木津川市役所出発集会/
11:00出発→11:50市坂(予定・小休憩)→12:30奈良県との引継ぎ(般若寺)


平和活動企画援助金交付申請書・平和活動企画援助金精算報告書はこちらから   

雨の中、元気よく核兵器廃絶をアピール ―ピースアクション2013-

IMG_4328.jpg                P1010735.jpg          IMG_4349.jpg
2013年6月21日、雨天のなか、京都の生協組合員と役職員約120名が集い、ピースパレードと出発集会に取り組みました。
この日、京都府生協連の呼びかけで京都生協、大学生協、府庁生協、京都医療生協、コープ自然派京都、コンシューマーズ京都のほか、鳥取県の生協からの参加もありました。
 行進前の円山公園の広場では京都生協のピースパレード実行委員会の運営で「京都の真ん中で平和を叫ぶ」集会が行われ、地域ブロックごとに手作りのコスチュームで着飾ったメンバーが楽しく平和をアピールしました。パレードは祇園石段下から四条通り、河原町通りをすすんで京都市役所へ、歌を歌いながら元気よく行進し、市民に核兵器廃絶と平和をアピール。終点の京都市役所では京都府生協連・上掛利博会長理事がまとめの挨拶を行いました。
 この日の夜に、東京から広島までの「通し行進者」をむかえて「ピース交歓会」を行い、京都入りの歓迎と激励を兼ねた交流を行いました。

6・1京都の生協 平和のつどいを開催しました

20130601_heiwanotudoi.jpg 2013年6月1日(土)、せいきょう会館にて竹本成德さん(日生協元会長、現兵庫ユニセフ協会会長)をお招きし、「奇跡の生存 命伝える」と題して、68年前の広島での被爆体験を語っていただきました。広島の原爆爆心地1キロ圏内に居た方の生存率はわずか1%。竹本さんはその中のおひとりです。「奇跡の生存 命伝える 私のヒロシマを私自身の言葉で」を信条に、平和の語り部として、現在もご活躍されています。竹本さんは当時、中学2年生。原爆がもたらした筆舌尽くしがたい悲惨な修羅場を体験、たくさんの級友、そしてお姉さまを亡くされています。竹本さんの身振り手振りを交えての熱のこもったお話、平和への想いが参加者につたわるものでした。
 講演の後、京都生協、大学生協などから平和の取り組み報告があり、京都府生協連より、6月21日のピースパレード、ピース交歓会への参加の呼びかけを行いました。
「ご高齢にもかかわらず語り部の役割を担い精力的に活動されているお姿に感銘しました」、「戦争を知らない世代も三世代目になった。被爆者の方の話を直接聞くことができる最後の世代、小さな集いでしたが様々な世代、階層が集まって一緒に平和について考え合うことができたのはとてもよかったと思います」などの感想が寄せられました。55人が参加しました。

2013年度ピースアクション京都

◆ピースパレード
2013年6月21日(金) 14:00 出発式 円山公園ラジオ塔前
八坂神社(祇園)石段下出発(15時過ぎ)→四条通→四条河原町→河原町通→御池通→京都市役所着(16時過ぎ)・まとめ集会

◆ピース交歓会
2013年6月21日(金) 17:00~
会場 おおたや 2階 (中京区烏丸夷川 せいきょう会館東隣)

◆地域での平和行進日程・コース(案) ※日程・時間は予定。2013年4月15日現在。

※6/22(土) 行進なし 京都府・京都市への要請・懇談

6/23(日) 10:40向日市役所出発集会/11:00出発→12:00長岡京市役所(昼食休憩)→12:50長岡京市役所出発集会/13:10出発→14:00大山崎町役場→(車移動)→15:00コープ男山出発集会/15:15出発→16:30八幡市役所(まとめ集会) 

6/24(月) 9:20宇治市役所出発集会/9:50出発→11:30城陽市役所(昼食休憩)→12:40城陽市役所出発集会/13:05出発→15:00京田辺市(中部住民センターで休憩)→16:00京田辺市役所
☆久御山コース9:50京銀前集合/10:00出発→10:40大久保で合流
※6/25(火) 南山城村、笠置町、和束町、宇治田原町、井出町の各町村内で行進
6/26(水) 8:45精華町役場出発集会/9:10出発→10:40木津川市役所出発集会/11:00出発→11:50市坂(予定・小休憩)→12:30奈良県との引継ぎ(般若寺)
 
平和活動企画援助金交付申請書・平和活動企画援助金精算報告書はこちらから 

2012年6月21日、悪天候のなか、ピースパレード!

piece.jpg

 2012年6月21日、「ピースアクション京都2012 ピースパレード」が催行され、、悪天候にもかかわらず、約150名が元気に都大路を歩きました。
 京都府生協連の呼びかけによるもので、京都生協・大学生協・京都医療生協・府庁生協などの組合員・役職員のみなさんのほか、鳥取県の生協からの参加もありました。
 2日前に台風4号が去ったあとの梅雨前線がもたらした大雨の1日となりましたが、それぞれ平和への思いを胸に、色とりどりの布をもち、元気な声でアピールをしながら行進しました。祇園石段下で「国民平和大行進」と合流、沿道の観光客などからも声援をいただきました。参加者一人ひとりが、未来の子どもたちに平和の大切さを伝えていく決意をあらたにしました。

ピースアクション京都2012~ピースパレードのご案内

2012年6月21日(木)、ピースパレードがあります。

ピースパレード・くわしくはこちらから
京都の平和行進の日程・コースはこちらから

2012年度ピースアクション京都

◆ピースパレード
2012年6月21日(木) 14:00 出発式 円山公園ラジオ塔前
八坂神社(祇園)石段下出発(15時過ぎ)→四条通→四条河原町→河原町通→御池通→京都市役所着(16時過ぎ)・まとめ集会

◆ピース交歓会
2012年6月21日(木) 17:00分~
会場 おおたや 2階 (中京区烏丸夷川 せいきょう会館東隣)

◆地域での平和行進日程・コース(案) ※日程・時間は予定。2012年4月20日現在。

※6/22(金) 行進なし 京都府・京都市への要請・懇談

6/23(土) 10:40向日市役所出発集会/11:00出発→12:00長岡京市役所(昼食休憩)→12:50長岡京市役所出発集会/13:10出発→14:00大山崎町役場→(車移動)→15:00コープ男山出発集会/15:15出発→16:30八幡市役所(まとめ集会) 

6/24(日) 9:20宇治市役所出発集会/9:50出発→11:30城陽市役所(昼食休憩)→12:40城陽市役所出発集会/13:05出発→15:00京田辺市(中部住民センターで休憩)→16:00京田辺市役所
☆久御山コース9:50京銀前集合/10:00出発→10:40大久保で合流
※6/25(月) 南山城村、笠置町、和束町、宇治田原町、井出町の各町村内で行進
6/26(火) 8:45精華町役場出発集会/9:10出発→10:40木津川市役所出発集会/11:00出発→11:50市坂(予定・小休憩)→12:30奈良県との引継ぎ(般若寺)

6月21日都大路を「ピースパレード」

 ピース写真.jpg 
2011年6月21日(火)、「ピースアクション京都2011ピースパレード」は、円山公園を出発後、祇園石段下から四条通、河原町通をとおり京都市役所まで、都大路を元気に歩きました。心配されていた雨もあがり、晴天のなか120名が参加しました。
京都府生協連が、府内の生協組合員に参加をよびかけたもので、京都生協・大学生協・京都医療生協・府庁生協などの組合員のみなさんや、鳥取県の生協からの参加もありました。平和への思いをつづったメッセージを横断幕にしたり、工夫をこらした華やかなコスチューム、歌のアピールなどで、「平和」をよびかけました。買い物客や観光客(修学旅行生も‥)の声援をうけながらの熱い一日になりました。


2011年度ピースアクション京都

◇ピースパレード

日 時:6月21日(火)14時30分集合 円山公園ラジオ塔前
コース:祇園石段下から京都市役所まで

八坂神社(祇園)石段下出発(15時すぎ)→四条通→四条河原町→河原町通→御池通→京都市役所着(16時すぎ)・まとめ集会


◇ピース交歓会

日 時:6月21日(火)17時00分~
会 場:おおたや 2階(中京区烏丸夷川 せいきょう会館東隣)


◇地域での平和行進日程・コース(案) ※日程・時間は予定。2011年5月14日現在。

※6/22(水) 行進なし 京都府・京都市への要請・懇談
6/23(木) 10:40向日市役所出発集会/11:00出発→12:00長岡京市役所(昼食休憩)→12:50長岡京市役所出発集会/13:10出発→14:00大山崎町役場→(車移動)→15:00コープ男山出発集会/15:15出発→16:30八幡市役所(まとめ集会)
6/24(金) 9:20宇治市役所出発集会/9:50出発→11:30城陽市役所(昼食休憩)→12:40城陽市役所出発集会/13:05出発→15:00京田辺市(中部住民センターで休憩)→15:30京田辺市役所
※6/25(土) 南山城村、笠置町、和束町、宇治田原町、井出町
6/26(日) 8:45精華町役場出発集会/9:10出発→10:30木津川市役所出発集会/10:50出発→11:40市坂(予定・小休憩)→12:30奈良県との引継ぎ(般若寺)


福留志なさんを偲ぶ会

100815_sinasan.jpg 6月6日(日)、綾部市・京都府中丹文化会館で、「ふりそでの少女・福留美奈子ちゃん」のお母さん・志なさんを偲ぶ会が開かれ、400人が出席しました。
 志なさんは、2009年11月29日、107歳の天寿をまっとうされました。10歳のときに長崎で被爆死した美奈子ちゃんの分をあわせて、文字どおり二人分の人生を歩まれました。
 当日は、松添博さん、藤田晴子さんはじめ、ゆかりの深い方がたが追悼メッセージをのべられ、平和への願いをあらたにしました。
 偲ぶ会につづいて、梅原司平さんによるコンサートが開かれ、「折り鶴」「ふりそでの少女」などを参加者とともに合唱しました。

<写真>「ふりそでの少女・福留美奈子ちゃん」のお母さん・志なさんを偲んで......

2010年度平和活動企画援助金交付の一部変更について

ピース・フォーラム(平和活動推進委員会)で、これまでおこなってきている平和活動企画援助金交付について、さらに地域での「草の根の平和活動」をひろげるために、申請回数および交付上限額の見直しをおこないます。
下線部が変更部分です。

 
【援助内容】
 ①京都府生協連会員生協が実施する平和活動企画を対象とします。
②企画の参加人数×300円を援助します。
これまでは1グループ1回かぎりの申請としてきましたが、今年度は申請できる回数   についての制限はもうけないこととします。
 ただし、同一グループでの合計申請額について上限をもうけ、10,000円とします。 
  ⑤地域での平和行進の取り組みも対象となります。


 

NPT再検討会議代表派遣者...署名に託された平和への願いを届けます

  DPP_0005.jpg  2010年5月にニューヨークで開かれる核拡散防止条約(NPT)再検討会議に、京都生協からおふたりが代表派遣されます。その出発を前に、湯浅美恵子理事(京都生協北ブロック理事・平和分野担当)と金井和枝さん(舞鶴市)が、ごあいさつにこられました。京都生協・コープ自然派京都・京都医療生協・府庁生協などで取り組まれた署名簿を前に、「みなさんかから託された平和の願いをとどけます」と、決意を語られました。 
 また、大学生協京滋・奈良地域センターからは、琬月さん(京都大学経済学部3年 全国大学生協留学生委員長)が代表派遣されます。昨年8月の「Peace Now Hiroshyima2009」に参加し、「『話し合いで問題を解決する真のつよさをもつために…』という6日の子ども代表の発言にあるように、『話し合いでともに問題を解決するのは強いことなのか』ということを、今回ニューヨークで確かめたい」との決意をのべられています。(大学生協京滋・奈良地域センターHP
ksnet.u-coop.net/より) 

4月30日~5月6日までニューヨークに滞在し、現地で証言活動をする約50人の被曝者や原爆展の開催をサポートしたり、各国の国連代表部を訪れて核廃絶を訴える予定になっています。日本生協連全体で106人が参加します。

※平和へのメッセージがよせがきされた衣装をまとい、署名簿やアピールのためのグッズを前にした、湯浅理事(写真左)と金井さん(写真右)です。


秋葉忠利・広島市長講演会


秋葉忠利・広島市長
 2009年11月25日(水)、シルクホールで開催され、450人が参加しました。講演会は、京都府保険医協会、日本科学者会議京都支部、京都宗教者平和協議会、京都原水爆被災者懇談会、京都府生協連などで構成される実行委員会が主催したもの。
 実行委員会を代表し、IPPNW京都府支部、核戦争防止・核兵器廃絶を訴える京都医師の会・高木隆郎代表世話人が開会あいさつしました。
 講演に立った秋葉忠利・広島市長は「21世紀は市民の力で問題を解決できる時代」という認識をしめし、「2020年までに核兵器のない世界の実現は可能だ」と強調しました。
 講演をうけて、立命館大学国際平和ミュージアム・安斎育郎名誉館長がコメント、非核の政府を求める京都の会・望田幸男代表が閉会あいさつしました。

6月21日、「2009年ピースパレード」で、平和の願いをアピールしました

2009年6月21日(日)、「2009年ピースパレード京都」は、円山公園を出発後、祇園石段下から四条通、河原町通をとおり京都市役所まで、楽しく元気に歩きました。心配された雨もやみ、250名が参加しました。
京都府生協連が、府内の生協組合員に参加をよびかけたもので、京都生協・大学生協・乙訓医療生協・府庁生協などの組合員のみなさんや、鳥取県の生協からの参加もありました。平和への思いをつづったメッセージを横断幕にしたり、工夫をこらしたコスチューム、崖の上のポニョの替え歌の「ポニョアピール」などで、「平和」をよびかけました。買い物客や観光客(外国の方も‥)の声援をうけながらの熱い一日になりました。

6/26京都府内での平和行進日程(予定)

平和行進の予定
※時間は予定です。

6/23(火) 10:40向日市役所出発集会/11:00出発→12:00長岡京市役所(昼食休憩)→12:50長岡京市役所出発集会/13:10出発→14:00大山崎町役場
【問合せ】京都生協西ブロック事務局℡075-312-2221、乙訓医療生協 社保・平和委員会℡075-921-0667

6/23(火) 15:00コープ男山出発集会/15:15出発→16:30八幡市役所(まとめ集会)
【問合せ】京都生協南ブロック事務局℡0774-53-3422

6/24(水)〔宇治コース〕9:20宇治市役所出発集会/9:50出発→11:30城陽市役所(昼食休憩)→12:40城陽市役所出発集会/13:05出発→15:00京田辺市(中部住民センターで休憩)→15:40京田辺市役所
   〔久御山コース〕9:00久御山町役場内ロビー集合→9:50京銀前集会/10:00出発→10:40大久保交差点で〔宇治コース〕と合流
【問合せ】京都生協南ブロック事務局℡0774-53-3422、やましろ健康医療生協℡0774-46-5151 

6/26(金) 8:45精華町役場出発集会/9:10出発→10:30木津川市役所出発集会/10:50出発→12:30奈良県との引継ぎ(般若寺)
【問合せ】京都生協南ブロック事務局℡0774-53-3422、やましろ健康医療生協℡0774-46-5151 

京都府生協連ニュースNo.73を発行しました

2009年2月7日開催の平和・憲法学習会で京都法律第一事務所の糸瀬美保弁護士が「ふつうの人の生きる権利~貧困と女性/憲法をくらしのなかに~」をテーマに講演されました。
内容を京都府生協連ニュース№73と講演録にUPしました。
下記、添付資料からご覧いただけます。

またこれまでの講演録もあわせてご覧ください。
資料集の講演録からご覧いただけます。

添付資料はこちら

ピースアクション2009《ピースパレード情報》

日 時:6/21(日)
集 合:14:30 円山公園ラジオ塔前(予定)
コース:祇園石段下~京都市役所まで
    <祇園石段下出発→四条河原町経由→河原町三条経由→河原町御池経由→市役所到着>
 
※ピースパレードのチラシができました!添付資料をご覧ください

添付資料はこちら

ピースパレード(2009年度ピースアクション京都)

日 時:6月21日(日)(予定)
会 場:祇園石段下から京都市役所まで

平和をつくろう~講演と音楽のつどい~を開催しました

 2009年2月7日(土)池坊学園 こころホールにて平和・憲法学習会「平和をつくろう~講演と音楽のつどい~」を京都生協と京都府生協連の主催で開催しました。
 「ふつうの人の生きる権利~貧困と女性・憲法をくらしのなかに~」をテーマに第一法律事務所の糸瀬美保弁護士が講演。続いてウクライナの民族楽器バンドゥーラの奏者で歌手のナターシャ・グジーさんによる公演がおこなわれました。
 多くの参加者で会場は熱気に包まれました。
講演される糸瀬美保弁護士 水晶の歌声 ナターシャ・グジーさん

福留志なさん、107歳の誕生会

 「ふりそでの少女・福留美奈子ちゃん」のお母さん・志なさんが107歳をむかえられ、4月29日(水)、綾部市小畑町・丹の国荘で誕生会が開かれて、府内各地から30人が参加しました。
 10歳のときに長崎で被爆死した美奈子ちゃんの分をあわせて、文字どおり二人分の人生を歩まれています。
 志なさんはいつも「戦争はあかん! 平和が一番!」とおっしゃいます。当日は、元気な姿を見せられ、多くの方がたから、お祝いの言葉がありました。

「平和が一番!」と福留志なさん

Peace Now! 舞鶴2008 ~大学生協が開催

 2008年10月12日(日)~13日(月)、舞鶴周辺のフィールドワークを中心に「Peace Now! 舞鶴」を開催しました。今回は4年目で、大学生協京滋・奈良地域だけでなく、神戸地域や京都生協組合員、ガイドを含む地元の人たち、あわせて30人が参加しました。
1日目は、地元の歴史研究家の和久田薫さんに大江山ニッケル鉱山を案内していただき、第二次世界大戦中、日本軍が中国人・朝鮮人を強制連行し、過酷な労働をさせていたことをお聞きしました。舞鶴平和委員会の橋本安彦さんからは、五老ヶ岳展望台から近畿百景ナンバー・ワンの舞鶴湾を眺めながら、島々には自衛隊基地や弾薬庫があるなど説明いただきました。
 2日目は、戦時中、日本で強制労働させられた朝鮮人らを乗せた帰国船が舞鶴湾で爆沈、549人が亡くなったとされる「浮島丸事件」や、抑留生活や中国などからの引き揚げの悲惨さを「引揚記念資料館」などの見学で学びました。その後、舞鶴湾をめぐる遊覧船に乗り、自衛隊基地などをながめながら、舞鶴の現状についての意見交流をしました。  まとめの時間では、過去と現在の真実を知ってこれから何ができるのか話し合いました。
日本中国悠久平和友好の碑の前で

一人ひとりが意見表明しました

平和・憲法学習会 「9・11でアメリカ社会はどう変わったか」をテーマに

講師の在米ジャーナリスト・薄井雅子さん

左:閉会のあいさつをする
西井雄二・乙訓医療生協理事長
右:開会のあいさつをする
佐藤京子・やましろ健康医療生協理事長
 2008年10月25日(土)、京都府農協会館にて、アメリカ在住のジャーナリスト・薄井雅子さんを招いて、「9・11でアメリカ社会はどう変わったか」をテーマに平和・憲法学習会を開催しました。京都医療生協、乙訓医療生協、やましろ健康医療生協の3医療生協と京都府生協連の共催によるもので、110人が参加しました。
 薄井さんは、2008年3月に刊行した著書『戦争熱症候群―傷つくアメリカ社会』で伝えたかったことを中心に、映像をふんだんに使ってお話しされました。アメリカ人は爆撃機から爆弾を落とす視点=痛みがない、日本人は地べたをはいつくばって爆撃から逃げ惑う視点=戦争は二度としてはいけない、という日米の戦争観の違い、国家予算の43%を占めるアメリカの軍事費の大きさ、軍事産業構造が「戦争を応援する」ものとなり、戦争はいったん始まると止められなくなること、貧困層が兵士となって戦争を支えるなど。一方で、フィラデルフィアのおばあさんたちのたくましい平和運動や日本国憲法9条が平和を願う世界の人びとを励ましていること、「平和憲法を守る在米日本人の会」のよびかけ人として活躍していることについてふれられました。アメリカの医療事情についても報告いただきました。

平和をつくろう~講演と音楽のつどい~

日 時:2009年2月7日(土)午後1:30~3:30(開場1:00)
会 場:池坊学園 こころホール
      (京都市下京区四条室町鶏鉾町491)

◇プログラム◇
第1部:講 演
「ふつうの人の生きる権利~貧困と女性/憲法のくらしのなかに~」
       糸瀬美保弁護士(京都第一法律事務所)

第2部:音 楽
「水晶の歌声とバンドゥーラの可憐な響き」
       ナターシャ・グジー(歌手・バンドゥーラ奏者)

※参加費無料

参加ご希望の方は以下へ電話などでお申し込みください。
・京都生協組合員の方は各ブロック事務局まで
 (お住まいのブロック事務局がわからない場合は、
   両丹ブロック事務局までTel.0120-075-262へ)
・京都生協組合員以外の方は
 京都府生協連Tel.075-251-1551
         Fax.075-251-1555

         

平和・憲法学習会

 2008年10月15日(土)京都府農協会館において「9.11でアメリカ社会はどう変わったか~在米の日本人ジャーナリスト・薄井雅子さんが報告~『戦争熱症候群―傷つくアメリカ社会』で伝えたかったこと」と題して平和・憲法学習会を開催しました。

ピースアクション2008≪援助金制度≫

≪援助金制度を活用しましょう≫
京都府生協連では、会員生協のピースアクションの取り組みを応援するために経費の一部を援助する制度を設けています。
・対象期間は2008年3/1~12/31(申込締切は、11月30日)
・援助金は1人100円、上限5000円
・“ピースアクション”の趣旨にあう企画で、5人以上の参加が条件。
事前に「平和企画申込書」を提出し、終了後に精算してください。

★詳しくは
・京都生協の組合員は、各ブロック事務局まで。
・その他の会員生協のみなさんは京都府生協連事務局まで。
<TEL.075-251-1551>
※申請フォーマットを添付しています。

添付資料はこちら

これがほんとうの戦争だよ~日本の子どもたちに知ってほしいこと

アレン・ネルソン講演会
(元アメリカ海兵隊員・平和活動家)
共 催:京都生協両丹ブロック・京都府生協連
日 時:11月24日(月・祝)13:30~15:20
会 場:綾部市I・Tビル2階大ホール
参加費:無料
   ※託児あります。(事前にお申し込み下さい)
申込み・問合せ:
    京都生協両丹ブロック
       Tel.0120-075-262
       Fax.0773-42-2142

2008 平和・憲法学習会

主催:京都医療生協・乙訓医療生協・やましろ・健康医療生協・京都府生協連
日時:10月25日(土)14:00~16:00
会場:京都府農協会館(JR京都駅八条口より徒歩5分)
講師:薄井雅子さん(在米の日本人ジャーナリスト)
テーマ:「『戦争熱症候群一傷つくアメリカ社会』~9.11でアメリカ社会はどう変わったか~」(仮題)