トップページ > 活動のご案内 > 平和の取組 > 核不拡散条約(NPT)再検討会議に京都生協の代表が参加

核不拡散条約(NPT)再検討会議に京都生協の代表が参加

 5年に一度開催される核不拡散条約(NPT)再検討会議が、2015年4月27日から始まり、日本被団協と日本生協連合同代表の一員として、京都生協から、組合員代表として岡良枝さんと日比明子理事のお二人が参加されました。帰国後、報告をいただきました。
 
 被爆体験を自分事に
 京都生協の組合員代表でNYに行きました。
 NYでは被爆者の方がたと一緒に平和行進を歩き、国連内では各国( 私達のグループはフランス )の政府代表に核兵器廃絶を要請するロビー活動や原爆展のお手伝いをしました。
 また、被爆者の方がたがNYの学校や教会で被爆証言を話される活動のサポートをしました。それぞれの会場で、アメリカの学生も日系の人も被爆者が語られる被爆体験に熱心に聞き入っておられました。
  帰国してから思い返すと、私の心に一番残っているのは、被爆者の方から直接に被爆証言を聞いたことです。今までにも本やDVDで被爆体験を見聞きしたことはあったのですが、どうしても他人事であったように思います。8日間一緒に活動して親しくなった被爆者の方のお話は、繰り返し聞いても涙が溢れてきました。被爆者の平均年齢が80歳を超えた今、日本国内でも被爆体験を聞いて語り継ぐような活動に参加したいと思いました。
(岡良枝さん)
 
 
 普通でいられる事が平和…。
被爆証言をする被爆者の心の中は平和なのかな…。傍でそんな事を感じた。辛さを乗り越えてなんかいない。でも二度と繰り返されてはならないという思いで、必死に語っていた。証言の後にホッとしてもらえる雰囲気を感じてもらえるようにする事くらいしかできなかった。これもサポートなのかな?国連で話されている事が、実は普段のくらしに直結していると感じた今回のNPT。私の役目は、核兵器廃絶の願いを自分事として心に留める人を広げ、未来に継承していく事。対話・共有を大切にアクションにつなげたい。
(日比明子理事)

150427_3.jpg
150427_1.jpg