トップページ > 活動のご案内 > くらしの安全 > 2011年度京都消費者問題セミナー「高齢者ビジネスとその被害PARTⅡ」開催

2011年度京都消費者問題セミナー「高齢者ビジネスとその被害PARTⅡ」開催

 2012年3月7日(水)午後1時30分より登録会館2階で開催されました。70名が参加しました。

京都消費者契約ネットワーク、コンシューマーズ京都、消費者支援機構関西、京都生活協同組合、京都府生活協同組合連合会共催で、2008年度より毎年開催しており、今年は5回目。投資詐欺や健康食品、振り込め詐欺など高齢者をターゲットにしたビジネスとその被害が後を絶たない現状を踏まえて、テーマを昨年に引き続き「高齢者ビジネスとその被害PARTⅡ」としました。

弁護士 加藤 進一郎さんより「あなたの退職金・年金がねらわれている~だましのテクニックとだまされないテクニック」として、さまざまな金融商品による投資詐欺について手口や防衛策など詳しくお話がありました。続いて、弁護士 長野浩三さんが「冠婚葬祭ビジネスの落とし穴~互助会積立金を解約すると高額手数料」について講演、また立法化が予定されている集団的消費者被害回復制度についても、詳しくお話があり、理解を深めました。

意見交換の場面では、会場からも活発な質問や発言があり、消費者支援機構関西からの活動報告があり、充実した内容となりました。

京都府生協連より小林智子会長理事・専務理事(兼務)、坂本茂専務補佐・事務局長(兼務)、川端浩子事務局担当、岡本朋子事務局担当が出席しました。

京都消費者問題セミナー写真1.jpg 弁護士 加藤進一郎さん

京都消費者問題セミナー写真2.jpg 弁護士 長野浩三さん