トップページ > 活動のご案内 > 役職員・組合員の研修企画 > 第3回 京都の生協活動を豊かに発展させる協議会(KSK)開催

第3回 京都の生協活動を豊かに発展させる協議会(KSK)開催

IMG_2327.jpg

生活協同組合コープ自然派京都 坂本真有美代表理事

IMG_2329.jpg

生活クラブ京都エル・コープ 河﨑豊彦専務理事

IMG_2331.jpg

 京都生活協同組合両丹ブロック 廣池孝之ブロック長

2012年1月17日(火)、せいきょう会館4階第1会議室において、「第3回 京都の生協活動を豊かに発展させる協議会(KSK)」が開催されました。この協議会は「組織と事業のイノベーション(刷新)による協同組合のあらたな価値の発見・創造」を中心コンセプトとする「場」として、今年度から開始した京都府生協連のあたらしい取組みです。

第3回協議会のテーマは「原発・エネルギー問題と省エネ・節電への対応~私たちの考え方と取組み」。

京都府生協連・廣瀬佳代常任理事がコーディネーターをつとめ、生活協同組合コープ自然派京都 坂本真有美代表理事と生活クラブ京都エル・コープ 河﨑豊彦専務理事から報告がありました。それぞれの生協で原発・エネルギー問題・節電についての基本姿勢や取組んでいる活動について詳しく報告がありました。つづいて、京都生活協同組合両丹ブロック 廣池孝之ブロック長からも両丹ブロックエリアでの取組みについて報告がありました。

役職員や組合員あわせて23人が参加し、活発な質疑応答が行われました。合わせて京都府生協連が常備している防災備品の展示を行いました。