トップページ > 活動のご案内 > 役職員・組合員の研修企画 > 地域支援事業推進チームがあすなら苑を視察・研修

地域支援事業推進チームがあすなら苑を視察・研修

160227_asunara1.jpg2016年2月27日(土)、ならコープを母体とする、社会福祉法人協同福祉会あすなら苑を訪問し、「地域のみんなで支えあう福祉」を体現されている取組みについて視察・研修をおこないました。
参加はチームメンバー、事務局など9人。
村城正理事長から「これからの福祉事業と生協の役割~生協は、地域でどういう役割を果たそうとしているのか~」をテーマにお話をお聞きしました。強い意志を持って生協としての役割を発揮すること、その実践としての「あすなら安心システム(24時間サービスと複合施設を核にした介護系の地域包括ケアシステム)」の説明をお聞きしました。
あすなら苑施設の見学では、介護度が高い入居者も食事では食卓椅子に座り、オムツは使わず、車いすも極力使わないなど、できるだけ普通の生活をすることで寝たきりを回避するケアの取組みを視察しました。

160227_asunara3.jpg