戦後理念の発展こそ

2007年09月18日

9月12日、安部首相が辞意を表明した。10日の国会で所信表明した直後のことであり、まさに前代未聞。あきれるほかない。安部氏は「戦後レジームからの脱却」をスローガンに政権についたわけであり、それが破たんしたということだ。いま国民がもとめていることは、平和・民主主義・基本的人権・生活向上など、まさに「戦後理念」の確認とその発展にある。歴史のすすむべき道はここにしかない。

2007.09.18 坂本