酷暑

2007年08月30日

モーレツな暑さだ。熊谷市・多治見市で観測史上の最高気温を更新したという。熱中症による死亡例も数多く報告されている。その多くが独居老人であり、哀しく、また切なくて、たまらない。冷房対策を十分におこなえない住宅や生活事情が背景にある。「自助」ということには限界がある。「共助」「公助」が必要だ。(写真はサルスベリ)

2007.08.30 坂本茂