トップページ > 広報誌・広報紙 > 事務局便り〔短信〕 > あっぱれ!日本女子サッカー

あっぱれ!日本女子サッカー

2011年07月18日

110718_gyoen.jpg  7月17日(日本時間7月18日、午前3時45分)、ドイツでおこなわれたFIFAサッカー女子ワールドカップ2011決勝で、日本女子代表・なでしこジャパンがアメリカを破り、世界一の座についた。日本はこれまで一度もアメリカに勝ったことはなく、試合展開もずっとアメリカの先攻・先制であった。しかし、後半戦で点をとられた日本はめげることなく追いつき、延長戦に。延長戦前半でアメリカに点をとられたものの、後半終了間際にまた追いついて、ついにPK戦へと突入した。PK戦は日本3-アメリカ1で、堂々の勝利。澤穂希主将は「最後まであきらめずにたたかった」とインタビューにこたえた。体格のうえでも、戦歴のうえでも、アメリカのほうがはるかに格上だった。しかし、勝利の女神は「最後まであきらめなかった」彼女たちの側に微笑んだ。いつか世界一になる日をめざしての努力の積み重ね、苦しい練習の耐久が報われた一瞬だった。おめでとう!よかったね。<写真:夏の京都御所>(2011年7月18日、坂本茂)