タジン鍋料理

2011年10月14日

111014_tajin.JPG すっかり涼しくなったかと思うと、また蒸し暑い日がぶりかえってきて、「○○心と秋の空」の感がありますが、「今日の晩御飯は何にしようか」「サンマも飽きてきたし」「まだ、お鍋という感じでもないし」――今夜の献立をどうするか、奥様方の悩みが多いのも、いまごろのシーズンの特徴です。それで、昨年あたりから当会役職員のあいだに一気に普及したのが、タジン鍋料理です。
ありあわせの野菜の上に、鶏肉でもよし、秋鮭でもよし、タンパク質をのせて、火にかけて20分ぐらいすると、それで出来上がり。「蒸し料理」だから、肉・魚・野菜のうま味が外に逃げず、リッチ感もあり、それにとってもカンタンにできる料理です。暑い季節から寒い季節へ移り変わるとき、また逆に寒い季節から暑い季節に移り変わるとき、献立に困ったら、ぜひタジン鍋料理をためしてみてください。ご家族に喜ばれること、まちがいなしです。
タジン鍋はどこで売っているかって、もちろん生協のカタログにものっています。わが家では、ガルバンソ豆とラムチョップのタジン鍋が一番人気です。<写真:ある日の晩御飯風景>(2011年10月14日、坂本茂)