旭天鵬に大アッパレ!だ

2012年05月22日

 大相撲夏場120522_kodemari.jpg所は平幕同士の優勝決定戦となり、力士最年長の旭天鵬が栃煌山を破って、賜杯を手にした。モンゴルから来日、角界入りしてから20年をへての大殊勲。あきらめないで、相撲をとりつづけてきたことへの大きなごほうびだった。勝負を終え、土俵を降りて、花道を歩みながら、旭天鵬は何度となく涙をぬぐった。

 本人はインタビューのなかで「タナからぼたもち」と表現したが、そうではあるまい。1横綱6大関という「豪華番付」のもとでの取組が上位陣のホシのつぶしあいを生み、むしろ平幕に優勝のチャンスが生まれることは、「予想」できた。大相撲協会もシャレたことをしてくれた。旭天鵬の長年の努力に勝利の女神がほほ笑み、その前髪がしっかりとたぐりよせられた(相撲では反則手になるが)。

 「いろいろな人に支えられて、きょうがある」という旭天鵬の言葉には、流した汗と涙の量、さまざまな曲折を思わせる実感がともなっていた。横綱の白鵬がパレードで旗手をつとめることを申し出たというのも、モンゴル出身力士の道を最初に開いた先輩にたいする礼であり、さわやかさが感じられた。前師匠の元・大島親方も、稽古のつらさや習慣になじめないことなどから部屋を脱走、モンゴルに戻ってしまった旭天鵬をどうにか説得して日本に連れて帰り、20年たって自分もできなかった幕内優勝をなしとげたことに、なにものにも代えがたい大きな感銘をおぼえていることだろう。おめでとう。まだまだ若い身体をしている。こんごにつづく力士の見本となってほしい。<写真:今年も咲いた「小でまり」>(2012522日、坂本茂)