トップページ > 広報誌・広報紙 > 事務局便り〔短信〕 > 京都府協同組合体験・交流学校~「木の一生」を学ぶ

京都府協同組合体験・交流学校~「木の一生」を学ぶ

2012年09月20日

                                                        9月1314日、京都府協同組合連絡協議会の主催による京都府協同組合
120920_mokuzaishijou.jpg体験・交流学校が開講され、J
A・漁業協同組合・森林組合・生協から38人の役職員が参加した。今回のテーマは、「森林のはたす役割と協同組合~木の一生から学ぶ~」で、苗木生産から間伐、原木流通、地域材を使用した店舗づくりまで、まさしく「木の一生」の現場をフォローしていく研修内容であり、きわめて貴重なものであった。参加者にとって、京都の森林と森林組合のはたす役割を理解するうえで、他ではけして得ることのできない機会となった。

  「木は植える、育てる、使うというサイクルを上手に循環させていけば再生可能な資源」であるという点、そして、「このサイクルを循環させていくことによって森林の持つ多様な機能を高度に発揮させていくことができる」という点は、今日の日本が直面している諸課題にたいして、きわめて重要な視座を提供している。

   また、林業という産業にたずさわる人びとが100年を単位とするよう
  なスパンで物事を考えながら、日々の仕事をすすめているということ
    について、農業・漁業・流通業という、それぞれ異なる場で役割をは
    たしている協同組合役職員にとって深い感銘がもたらされたと思料す
  る。
       <写真:京都丹州木材市場>(2012920日、坂本茂)