トップページ > 広報誌・広報紙 > 事務局便り〔短信〕 > 「世界の果ての通学路」を観ました

「世界の果ての通学路」を観ました

2014年05月07日

                                                                                                                      
140507_sekai.jpg.jpg                 
                                   






ジャクソン1(1歳、ケニア)は毎日7歳の妹サロメを連れて片道15キロ、2時間かけて、野生のキリンや象が生息するサバンナを駈け抜け学校に通う。将来の夢は飛行機のパイロット。カルロス(11歳、アルゼンチン)は片道18キロ、1時間半かけて、妹のミカイラと一緒に愛馬に乗ってパタゴニアの山と平原を駆け、毎日学校に通う。将来は獣医になりたい。
ザヒラ(12歳、モロッコ)はアトラス山脈の近くの辺境の村にうまれ、家族の中で初めて学校に通う。片道22キロ、4時間かけて毎週月曜日の夜明け前に家を出て、友人3人と学校に通う。金曜日の夕方に同じ道を帰宅する。
サミュエル(13歳、インド)は足に障害があり、歩行不能だ。二人の弟がオンボロの車いすに兄を乗せて片道4キロ、4時間かけて悪路を引っ張って通学をサポートする。将来は医師になって障害を持つ子を助けたい。
「いずれも通学路は危険だらけで、大人の足でも過酷な道のりなのだ。それでも子どもたちは学校へまっしぐらに向かう。ひたむきな彼らを見て気づかされるのは、教育とは将来を切り拓くためのパスポート」だ。「別の大陸、違う言語、宗教、生活環境の中で暮らす4人の子どもたちは、真っ直ぐな瞳で同じ思いを語る。『夢をかなえたいから』世界の果ての通学路から、希望に満ちた地球の今と未来が見えてくる。」(映画作品のパンフレット)
 4人の子供たちのそれぞれの通学姿を追ったドキュメント作品だ。彼らの通学路は希望と夢へとつづいている。観る人それぞれに感動を与える映画だ。京都シネマで5月9日まで上映している。     (HY)