トップページ > 広報誌・広報紙 > 事務局便り〔短信〕 > FIFAワールドカップ日本代表のユニフォーム

FIFAワールドカップ日本代表のユニフォーム

2014年06月24日

 DSC_5609_2.jpg

FIFAワールドカップ大会2014が開幕してから寝不足の人も多いのではないのでしょうか。世界トップレベルの試合がオンタイムで観られる4年に一度の機会ですから。
でもやはり日本代表の試合は特別です。
対ギリシャ戦は平日でちょうど試合後半戦が通勤時間にあたっていたこともあり、駅や電車内では、スマホやiPadにくぎ付けになっている人が多くいました。
 
今回の日本代表のユニフォームのコンセプトは円陣。円陣を組んだとき、肩のラインが輪になるようにデザインされていることは有名ですが、今回ちょっとした話題になっているのが、肩のピンクのラインがボロボロなのが気になるというもの。テレビ中継で選手たちの肩がアップになるたび、ラインがボロボロで初戦なのに、どうしてあそこまで消耗しているのか。はがれているようにしか見えずどうにかならないのかとTwitterでは投稿が相次いでいるそう。
事務局Kさんのご主人も「試合よりもそっちが気になって仕方ない」とのこと(^^)

さっそく検索してみると、実はこれはデザインで、円陣を組んだ時に丸を描くような曲線になっていて、かすれた風合いは、日本を象徴する「毛筆」の一筆書きをイメージしているとのこと。
なでしこジャパンが「ピンク」男子のラインは実は「赤」だそうです。
ピンクに見えますが・・・
 
日本の特徴をだした粋なデザインなのかもしれませんが、ボロボロという印象を与えてしまうのなら毛筆でなくてもよかったのかも。
何はともあれ「円陣=強い絆」選手とサポータ―がひとつになって円陣を組んで戦おうという意味がこめられているらしいので、25日のコロンビア戦もがんばってほしい。
(2014年6月23日T・O)             写真は谷川のイトトンボ