トップページ > TOPICS > 消費者と事業者との情報交流会

消費者と事業者との情報交流会

 2009年10月30日(金)、京都府消費生活安全センター(京都テルサ内)で、「消費者の安全について」をテーマに開催されました。
 京都府・大槻博司消費生活安全センター長のあいさつののち、ACAP(社団法人消費者関連専門者会議)の会員団体である(株)ノーリツ、パナソニック電工(株)、アース製薬(株)から報告がありました。
 消費者団体からNPO法人コンシューマーズ京都、NPO法人日本主婦連合会、京都府生活学校連絡協議会、京都府生協連が参加し、「製品の安全確保」と「製品の安全な使用」を論点にして、意見交換をおこないました。小林智子会長理事が意見をのべました。