トップページ > TOPICS > 秋葉忠利・広島市長講演会

秋葉忠利・広島市長講演会


秋葉忠利・広島市長
 2009年11月25日(水)、シルクホールで開催され、450人が参加しました。講演会は、京都府保険医協会、日本科学者会議京都支部、京都宗教者平和協議会、京都原水爆被災者懇談会、京都府生協連などで構成される実行委員会が主催したもの。
 実行委員会を代表し、IPPNW京都府支部、核戦争防止・核兵器廃絶を訴える京都医師の会・高木隆郎代表世話人が開会あいさつしました。
 講演に立った秋葉忠利・広島市長は「21世紀は市民の力で問題を解決できる時代」という認識をしめし、「2020年までに核兵器のない世界の実現は可能だ」と強調しました。
 講演をうけて、立命館大学国際平和ミュージアム・安斎育郎名誉館長がコメント、非核の政府を求める京都の会・望田幸男代表が閉会あいさつしました。