トップページ > TOPICS > 2011年度第2回食品の安全にかかわる組合員リーダー向けセミナー

2011年度第2回食品の安全にかかわる組合員リーダー向けセミナー

P1000795.JPG

大阪府立大学 地域連携研究機構・放射線研究センター 古田 雅一さん

 2011年12月9日(金)、日本生活協同組合連合会主催により生協会館新大阪で開催されました。おもに関西地方の生協から、遠くは宮城県、福岡県などから22人が参加しました。
 まず大阪府立大学 地域連携研究機構・放射線研究センター 古田 雅一さんによる学習講演「食品と放射線について」では、画像を用いたわかりやすい説明のもと、食品と放射線・放射性物質について学びました。講演を受けて、放射性物質のリスクの受け止め方についてグループディスカッションが行われ、むずかしいテーマにもかかわらず、各グループから活発な意見が飛び交いました。最後にコープこうべ、みやぎ生協から、この問題への取り組みについて報告がありました。京都府生協連から坂本茂専務補佐・事務局長(兼務)、川端浩子事務局担当、岡本朋子事務局担当が参加しました。