トップページ > TOPICS > 消費者支援功労者・内閣府特命担当大臣表彰をうけました

消費者支援功労者・内閣府特命担当大臣表彰をうけました

120528syouhisyahyousyou.jpg
 2012年5月28日(月)、総理大臣官邸で表彰式がおこなわれ、小林智子会長理事が出席しました。野田佳彦総理大臣が祝辞をのべられ、松原仁内閣府特命担当大臣、福嶋浩彦消費者庁長官が同席しました。
   消費者支援功労者表彰制度はきわめて顕著な功績があった個人または団体・グループにたいして、その功績をたたえ顕彰することによって、消費者利益の擁護および増進を図ることを目的に1985年に創設されました。従来、内閣府特命担当大臣が表彰・実施されてきましたが、消費者庁の設置にともない、2011年度から内閣総理大臣表彰を筆頭としたものになりました。
 京都府生協連の表彰理由は「消費者問題セミナー等により、消費者被害防止啓発に取り組む」「『食の安心・安全フォーラム』を開催、消費者と生産者・事業者とのリスクコミュニケーションを推進」「『京都くらしの安心・安全ネットワーク』に設置当初から参加している」などです。