トップページ > TOPICS > 雨の中、元気よく核兵器廃絶をアピール ―ピースアクション2013-

雨の中、元気よく核兵器廃絶をアピール ―ピースアクション2013-

IMG_4328.jpg                P1010735.jpg          IMG_4349.jpg
2013年6月21日、雨天のなか、京都の生協組合員と役職員約120名が集い、ピースパレードと出発集会に取り組みました。
この日、京都府生協連の呼びかけで京都生協、大学生協、府庁生協、京都医療生協、コープ自然派京都、コンシューマーズ京都のほか、鳥取県の生協からの参加もありました。
 行進前の円山公園の広場では京都生協のピースパレード実行委員会の運営で「京都の真ん中で平和を叫ぶ」集会が行われ、地域ブロックごとに手作りのコスチュームで着飾ったメンバーが楽しく平和をアピールしました。パレードは祇園石段下から四条通り、河原町通りをすすんで京都市役所へ、歌を歌いながら元気よく行進し、市民に核兵器廃絶と平和をアピール。終点の京都市役所では京都府生協連・上掛利博会長理事がまとめの挨拶を行いました。
 この日の夜に、東京から広島までの「通し行進者」をむかえて「ピース交歓会」を行い、京都入りの歓迎と激励を兼ねた交流を行いました。