トップページ > TOPICS > 京都グリーン購入ネットワーク総会が開催されました

京都グリーン購入ネットワーク総会が開催されました

130731_gpn.jpg 7月31日(水)、コープイン京都で京都グリーン購入ネットワーク総会が開催されました。京都グリーン購入ネットワークは、「グリー ン購入」の普及を通じて京都のものづくりや 人びとの暮らしがより環境に配慮されたものになることをめざして、京都府内団体の取組みや商品にかんする情報などの交流・普及のための学習会や研究会などをおこなっています。ネットワーク は京都府、京都市のほか、府内自治体、事業者、市民団体、個人で構成され、京都府生協連は幹事団体として参加しています。
 開会にあたって、植田和弘会長(京都大学大学院経済学研究科教授)が「これまでは電気は送られてくるもの、選んで購入するという感覚は薄かった。グリーン購入とは選べるということ。市場には選択する権利が必要であるという認識が大事だ」とあいさつしました。今回の総会を機に、事務局団体がNPO法人環境市民からNPO法人木野環境に移行しました。総会終了後にセミナーが開催され、環境大臣賞を受賞した鹿児島県環境林務部から、鹿児島県産木材を使って事務機メーカーOKAMURAとオフィス家具を開発、“HAGI”の名称でブランド化した取組みが紹介されました。