トップページ > TOPICS > 京都府に義援金をお渡ししました

京都府に義援金をお渡ししました

11月6日、京13110_kyotofu.jpg.jpg都府生協連は台風18号の豪雨により被災された方への援護の一助として、京都府の呼びかけに応じて義援金をお渡ししました。
 9月16日台風18号による大雨特別警報が発令された京都では家屋の全壊20件をはじめ床上浸水1,802件、床下浸水3,389件にのぼるなど、大きな被害が発生しました。
 京都府が募集している義援金は各市町村を通じて被災者に配分されることになっています。義援金は京都府生協連上掛利博会長理事から京都府健康福祉部山口寬士部長に手渡されました。京都府消費生活安全センター奥村功センター長も同席されました。