トップページ > TOPICS > 介護保険制度改定と新たな地域支援事業に向けての学習・意見交換会

介護保険制度改定と新たな地域支援事業に向けての学習・意見交換会

140819_koushi.jpg140819_kaijou.jpg



2014年8月19日(火)、京都テルサ西館第第2会議室において「介護保険制度改定と新たな地域支援事業に向けての学習・意見交換会―だれもが安心して、くらせる地域社会づくりのために―」を開催しました。
コープあいち執行役員・佐宗健二福祉事業本部本部長(日本生協連福祉政策推進委員会委員、福祉事業責任者会議委員)から「介護保険制度改定案と新しい地域支援事業について」をテーマに報告がありました。つぎに5つのグループに分かれグループ討議があり、討議の報告とまとめがありました。参加者からは「改定案の心配なところがより理解できた」「地域支援事業は自治体の構えで大きく差が出てくるのではないか。京都の生協陣営全体で自治体訪問を実施して、得られた情報を基にして、自生協の事業と運動にいかしていきたい」など、多くの感想が寄せられました。36人の参加がありました。