トップページ > TOPICS > 京都発!食とみどりのサイエンスNowが開催されました

京都発!食とみどりのサイエンスNowが開催されました

2017年12月9日(土)、株式会社島津製作所本社で開催されました。主催は京都府農林水産技術センターで、京都府生協連などが後援しました。京都府農林水産技術センターでは、府民の方々との対話を進めながら農林水産業への理解を促し、京都府内の特色ある食材や林産物への関心を一層高めてもらうことを目的に、「食とみどりのサイエンスNow」と題した講演会を平成21年度から毎年度開催し、今年で9回目の開催となりました。

京都府農林水産技術センター・北山重敏センター長が開会のあいさつをおこないました。

同センター茶業研究所・原田健司専門幹が「てん茶(抹茶の原料)のうま味・機能性成分を活かした新飲料の開発」について報告しました。宇治茶の消費拡大を目的に、抹茶の原料であるてん茶を使い、よりうま味を引き出す温度や時間を研究し、新飲料としての商品化をめざしている報告がされ、参加者による試飲がありました。新飲料はうま味が強く、すっきりとした味わいでした。

同センター畜産センター・岩崎方子技師は「冷感衣料で乳牛の夏バテ防止対策」をテーマに報告しました。最近の温暖化で夏の猛暑が続き、暑さに弱い乳牛の夏バテで、乳量が減っている事に着目し、企業と連携し乳牛用の冷感衣料の開発に取り組み、来年夏の商品化をめざしている報告がありました。

京都府生協連からは、川村幸子理事、酒向直之事務局長、川端浩子事務局担当が出席しました。

171209_science.jpg