トップページ > 活動のご案内 > 地域諸団体との連携 > 第30回近畿地区生協・行政合同会議

第30回近畿地区生協・行政合同会議

2018年8月29日(水)、琵琶湖ホテルにて、「安心してくらせる地域社会づくりをめざして~誰一人取り残さない社会の実現にむけて~」をテーマに開催されました。

主催は近畿地区生協府県連協議会。滋賀県生協連・藤田豊専務理事が司会を担当し、近畿地区生協府県連協議会・木田克也代表(兵庫県生協連会長理事)、滋賀県県民生活部・浅見孝円部長より開会あいさつがありました。

厚生労働省・社会・擁護局地域福祉課消費生活協同組合業務室・佐藤敏彦生協検査官からあいさつがあり、つづいて日本生協連・渉外広報本部渉外部・松本圭司部長から「全国の生協の社会的取り組みについて」報告がありました。

特別講演では関西学院大学人間福祉学部社会福祉学科・藤井博志教授より「地域まるごとささえあう・みんなの居場所とは~『地域共同ケア』のススメ」について講演がありました。

各府県連報告で、京都からは京都府府民生活部消費生活安全センター企画・啓発担当・田中桜子副主査と京都府生協連・高取淳専務理事から「京都府エシカル消費推進ネットワークの取組みについて」の報告がありました。福井・滋賀・奈良・和歌山・大阪・兵庫・京都の生協担当主幹部局、および各生協府県連の役職員ら41人が出席しました。

京都府生協連からは高取淳専務理事、九鬼隆一事務局長が参加しました。

180829_goudoukaigi.jpg