トップページ > 活動のご案内 > 食べるたいせつの取組

平成28年度 きょうと食の安心・安全意見交換会

IMG_0929.jpg2016年12月7日(水)、京都府庁旧本館会議室で「畜産物の安全性確保の取組みについて」をテーマに開催されました。

京都府農林水産部食の安心・安全推進課・奥野裕史理事が開会のあいさつをされ、同・一星暁美副課長から「動物医薬品、家畜飼料について」報告があり、同・藤田順平主事より「畜産物の表示について」報告、畜産課・西澤義夫主査から「京のこだわり畜産物生産農場について」、同・黒田洋二郎副課長から「鳥インフルエンザの現状について」それぞれ報告があり、意見交換しました。

NPO法人京都消費生活有資格者の会、住みよい京都をつくる婦人の会、京都市地域女性連合会、NPO法人コンシューマーズ京都、京都府生協連から11人が参加しました。

2016年度きょうと食の安心・安全フォーラムのご案内

【日 時】2017年2月2日(木) 13:30~16:00

【会 場】京の食文化ミュージアム あじわい館

【主 催】きょうと食の安心・安全フォーラム実行委員会
   (京都府、京都府農業協同組合中央会、一般社団法人京都府食品産業協会、NPO法人コンシューマーズ京都京都鶏卵・鶏肉安全推進協議会、京都府生協連)

【定員】60名(申し込み多数の場合は抽選といたします)

     お申し込みは下記チラシ裏面の申込用紙にてファックス、郵送またはメールにてお申し込みください。

【問合せ】きょうと食の安心・安全フォーラム実行委員会(京都府農林水産部食の安心・安全推進課内)
      電話075‐414‐5655

       詳細はこちら

食育シンポジウム―~みらいを育てる"食"~ 

2016年8月6日(土)、京都リサーチパーク東地区1号館4階 サイエンスホールで開催されました。

京都府・山下晃正副知事が開会のあいさつをおこないました。

「つくること、たべること」をテーマに、育児漫画家・絵本作家 高野 優(たかのゆう)さんが基調講演をされました。漫画を描きながら、幼少期の食に関する体験は、子どもの精神的な成長に大きくかかわることを、実体験にもとづいて話されました。

次に「みらいを育てる"食"」をテーマに、京都府立大学大学院生命環境科学研究科・東 あかね教授(同大学京都和食文化研究センター副センター長)がコーディネーター、高野 優さんと、学校法人睦美学園 睦美幼稚園・青山 和美副園長、食道具 竹上・廣瀬 康二庖丁コーディネータ・庖丁調整士(きょうと食いく先生)をパネリストに、パネルディスカッションがおこなわれました。

160806_syokuiku.jpg

平成28年度 きょうと食の安心・安全意見交換会

2016年7月22日(金)、京都府庁旧本館会議室で開催されました。

京都府農林水産部食の安心・安全推進課・奥野裕史理事が開会のあいさつをされ、同・藤田順平主事から「京都府におけるリスクコミュニケーションの取組」について報告、同・大黒祐子技師から「京都府における情報発信の取組食の府民大学について」報告がありました。つづいて、同、荒木貴士副課長から「京都府の食育の取組」についての報告があり、意見交換しました。

NPO法人京都消費生活有資格者の会、京都市地域女性連合会、住みよい京都をつくる婦人の会、NPO法人コンシューマーズ京都、京都府生協連から10人が参加しました。

160722_syokuan.jpg

京都食育ネットワーク総会

20160619_syokuiku.jpg2016年6月19日(日)、キャンパスプラザ京都で開催されました。
代表の同志社大学政策学部・総合政策科学研究科・今里滋教授が開会のあいさつをおこないました。
提案された全議案が承認されました。
同ネットワークは、食育にかんする普及・啓発、情報の収集・提供、食育支援活動の登録・提供などの取組みをおこなっており、保健衛生、農林水産、教育・大学、商工、消費者団体、報道関係などの幅広い分野から、88の団体が会員登録しています。
京都府生協連からは、酒向直之事務局長が同ネットワーク幹事をつとめています。

農林水産省近畿農政局と近畿地区生協府県連協議会との意見交換会開催

160309_nouseikyoku2.jpg2016年3月9日(水)、コープ御所南ビル4階会議室で開催されました。
近畿農政局からは村上堅治局長はじめ11人の方が、生協からは近畿6府県の生協連・日本生協連関西地連の役職員18人が参加しました。
開会にあたって、村上堅治・近畿農政局長、近畿地区生協府県連協議会を代表して上掛利博・京都府生協連会長理事があいさつをのべました。
近畿農政局から以下の報告がありました。
「平成27年度補正予算および平成28年度予算について」前田安正・消費生活課長、「地理的表示制度について」吉田美恵子・地域食品課長、「米トレーサビリティ法施行状況に関する検討について」前畑博幸・流通監視課長、「近畿農政局における組織再編について」藤田栄二・地方参事官(京都支局長)。
その後、「日本の食料事情について」をテーマにして意見交換しました。
近畿農政局から「知ってる?日本の食料事情~日本の食料自給率・食料自給力と食料安全保障~について」前田安正・消費生活課長から報告があり、生協から、「コープしがの産直・地産地消、県内農業の発展に向けた取り組みについて」藤田豊・滋賀県生協連事務局長、「『協同組合間 協同の取り組み』瀬戸内お魚丼 学食でどうぞ!」三輪薫・兵庫県生協連事務局次長、「ならコープの地産地消の取組み」中野素子・市民生協ならコープ 副理事長、「さくらこめたまごの取組みについて」廣池孝之・京都生協地産地消推進担当チーフが報告。
 辻由子・奈良県生協連専務理事が閉会のあいさつをおこないました。

160309_nouseikyoku1.jpg

16年3月4日 京都市食品衛生監視指導計画(案)にたいする意見

16年3月4日 京都市食品衛生監視指導計画(案)にたいする意見