トップページ > 活動のご案内 > 役職員・組合員の研修企画 > 第21回京都府協同組合役職員体験・交流学校の開催

第21回京都府協同組合役職員体験・交流学校の開催

2022年9月8日(木)に舞鶴にある京都府漁協協同組合(JF京都)本所を主会場に開催され、20人が参加しました。

主催は京都府協同組合連絡協議会。京都府の協同組合(農協、漁協、森林組合、生協)で働く役職員の教育と育成を目的とし、連携や課題を学び、認識を深めあう機会として毎年開催しています。

今回はJF京都が企画を担当し、「京都の漁業を学ぶ・触れる」をテーマに開催しました。JF京都組織部・千賀隼人次長からオリエンテーションがありました。

その後、舞鶴地方卸売市場を見学しました。前日に台風接近のため、定置網を引き上げたため、水揚げされる魚が無く、セリは少しだけでしたが、一瞬のセリは緊張感がありました。福井県から「シイラ」が届き、にわかに活気づきました。プラスチック容器の壁作りにも挑戦させてもらいました。

20220908_gakkou1.jpg

20220908_gakkou3.jpg

20220908_gakkou2.jpg

20220908_gakkou5.jpg20220908_gakkou4.jpg20220908_gakkou6.jpg20220908_gakkou7.jpg午後からは、宮津市の京都府農林水産技術センター海洋センターと京都府栽培漁業センターの見学をしました。マダイ、アワビ、サザエの種苗生産とトリガイの中間育成についてや、資源管理型漁業、つくりそだてる漁業の研究について学びました。

20220908_gakkou8.jpg20220908_gakkou9.jpg

20220908_gakkou10.jpg京都府の漁業巡視艇「らくよう」への試乗も体験させていただきました。

20220908_gakkou12.jpg2022098_gakkou13.jpg