「京都の生協」No.63 2007年8月発行 この号の目次・表紙

2007年国際協同組合デー 第18回 京都集会開催

「京都の農林水産業の未来を開くために〜協同組合の役割を考える」がテーマ

 7月4日(水)、キャンパスプラザ京都を会場に、「2007年国際協同組合デー・第18回京都集会」が開催され、JA、JF、森連、生協から135人が参加しました。

  これは、京都の協同組合運動の発展を願い、毎年開催されているもので、主催は京都府協同組合連絡協議会(構成/JA京都中央会・JF京都府漁業協同組合連合会・京都府森林組合連合会・京都府生活協同組合連合会)。

  ことしは、「京都の農林水産業の未来を開くために〜協同組合の役割を考える」をテーマに、研究最前線からの4つの報告と、それぞれの協同組合から元気な若い担い手たちの活動報告がおこなわれました。

第18回京都集会は、JA京都中央会・西浦美智代総務部長の司会で開会、京都府森林組合連合会・青合幹夫代表理事専務より開会のあいさつがありました。

  つづいて、「研究最前線からの報告〜京都の農林水産業の未来を開く」とのテーマで4人の研究者による報告がありました。

  報告は、「どこまで農薬を少なくできるか」「虫が森林(もり)を枯らす」「資源と環境にやさしい底曳網(そこびきあみ)」「『セリシン』絹からのおくりもの」と今日的関心のつよい内容で、参加者からも「それぞれの分野での熱心な研究を知る機会がもててよかった」「シロウトの消費者を相手にわかりやすく工夫された内容で興味深く聞くことができた」などの声がよせられました。

  各連からは、「農業と私」「地先学・地元の食材探しの取り組みについて」「町から山に来て」「配達の現場から」の内容で活動報告がありました。参加者から、「仕事にたいして真っ向からぶつかり、取り組んでおられるといった印象でした。すばらしいことだと思う」「現場のみなさんの意見を実際に聞けたのはほんとうに意義深い。熱い思いが感じられました」「おのおのが未来は明るいといわれたのが印象的でした」などの感想がよせられました。

  さいごに、京都府生活協同組合連合会・会長理事小林智子より閉会のあいさつがありました。

 

研究最前線からの報告 〜京都の農林水産業の未来を開く

どこまで農薬を少なくできるか
京都府農業総合研究所環境部技師 
徳丸 晋 氏

 近年、消費者だけでなく生産農家の農産物にたいする安全志向がつよくなり、化学農薬以外の防除技術の開発がもとめられています。害虫を防除する方法として、天敵昆虫やフェロモンをつかった生物的防除法、虫の好きな色・嫌いな色を利用しての光や防虫ネットなどをつかった物理的防除法があります。これらは実際に京都府内の野菜農家などに普及してきています。

虫が森林(もり)を枯らす
京都府林業試験場技師 
野崎 愛 氏

  最近テレビや新聞などで、森林の「マツ枯れ」「ナラ枯れ」とよばれる病気は酸性雨や大気汚染によるものであると報道されていますが、じつは原因になる病原体を昆虫が樹体内に運搬し枯死させていることを実験によってつきとめました。大きな木に網をかけての実験はたいへんでしたが、マツやナラの枯死のメカニズムを解明することができました。

資源と環境にやさしい底曳網
京都府立海洋センター海洋調査部主任研究員
山崎 淳 氏

  底曳網の中には一度に多くの魚介類が入ります。このなかには水揚げしない魚介類が多くふくまれ、これらは海上で捨てられ、ほとんどが死んでしまいます。海洋センターでは水揚げする魚介類だけをとるような網の技術開発をおこなっています。京都府底曳網漁業は、資源と環境にやさしい漁業に認証されるMSC(海洋管理協議会・本部は英国)をアジアで初めて取得する予定です。審査が通ればMSC認証ロゴマーク(いわゆる水産物のエコマーク)を付けることが認められます。

「セリシン」絹からのおくりもの
京都府織物・機械金属振興センター織物室専門員
浜岡 容子 氏

  丹後ちりめんで有名な丹後の地は、古くから織物産業の町として栄え、近年は機械金属業・ハイテク産業も盛んになってきています。
  シルクの糸の成分の一つである「セリシン」は、すぐれた保湿効果があるにもかかわらず廃棄されてきました。研究をすすめた結果、丹後のオリジナルな方法として凍結解凍法を見出し、セリシン入りの化粧品「きぬもよふ」が商品化されました。
  これからもいろいろな分野での利用につなげたいと思います。


各連からの活動報告
JA、JF、森林組合、生協より活動報告がされました。

配達の現場から
京都生活協同組合右京支部 
山本 真弓 さん
町から山に来て
京丹波森林組合森林業務課技師 
西田 和志 さん
地先学・地元の食材
探しの取り組みについて

ぱうわう(宮津市漁協地区女性起業グループ) 
嶋ア 郁子 さん
農業と私
JA京都やましろ青壮年部八幡市支部 
西村 忠雄 さん





〔 ひとつまえにもどる 〕


 京都府生活協同組合連合会連合会