「京都の生協」No.72 2010年8月発行 今号の目次

  ピースアクション京都2010

 6月21日(月)、京都府連のよびかけで生協組合員200人がピースパレードに参加

 6月21日(月)、「2010年度ピースパレード京都」が取り組まれました。京都府生協連が府内の生協によびかけたもので、京都生協・大学生協・医療生協・府庁生協などのほか、鳥取県生協などの参加もあり、組合員・役職員200人が「核兵器のない平和な世界を」と訴えました。
 パレードの出発にあたって開かれた集会では、京都生協・楠橋郁子さんが司会を担当、栗林民恵ピースパレード実行委員長があいさつをおこないました。各参加団体代表からのひとことピースアピールがあり、原水爆禁止国民平和大行進からのメッセージが紹介されました。
 思い思いのコスチュームで扮装したり、リボンをふりながら、祇園石段下から四条通り、河原町通りをとおり、京都市役所まで、行進しました。近鉄大久保ブルースバンドの演奏もあり、にぎやかで歌いっぱいのパレードとなりました。
 ゴールとなった市役所前でまとめ集会がおこなわれ、小林智子会長理事があいさつをのべました。


京都生協・二場邦彦理事長、京都医療生協・田中弘専務理事、京都府生協連・小林智子会長が先頭をきって行進

大学生協のみなさんが、虹の旗をもって……

京都生協・渡辺明子副理事長、斉藤紀子常任理事ほかの皆さんも楽しくアピール

  “平和をつくろう! 子どもの未来のために”~リボンでつなぐピースメッセージ~
知恩院山門に「PEACE」の人文字

PEACE写真

 出発集会に先立ち、知恩院でペーパーフラワーとリボンをつなげて「PEACE」の人文字がつくられました。いあわせた外国からの観光客がさかんにシャッターを切る姿が見うけられました。
 つづいて円山公園では、5月にニューヨークで開催されたNPT(核不拡散条約)再検討会議に代表派遣された組合員の報告会がおこなわれました。


NPT再検討会議の報告をする
京都生協・湯浅美恵子理事と金井和枝さん

出発式であいさつする
栗林民恵実行委員長

鳥取の生協のみなさんが、日本海コースの横断幕をもって行進しました
ピースアピール

1. 世界中に平和の風を吹かせましょう!
2. 子どもたちの笑顔を守りましょう!
3. みんなで平和を守りましょう!
4. 核兵器はいりません!
5. 地球はひとつ、みんな仲良く平和な未来を!
6. ハッピー ハッピー ラブ&ピース

  大学生協・NPT再検討会議参加報告会

 6月19日(土)、京都大学吉田食堂で開催され、37人が参加しました。
 ニューヨークへ代表派遣された京都大学生協留学生委員会・劉琬月さんが、現地での要請行動や米国学生たちとの対話などを報告、「大人になる大学生の私たちは、平和への想いをより多くの人に伝えていかなければならない」とのべました。
 当日は、NPT再検討会議の成果・課題についての学習とともに、イスラム法のもとでも食べることができるハラールフードを食べながらの交流もおこなわれました。


NPT再検討会議の報告をする劉琬月さん